Vino (旧 Vino de Mesa)の最近のブログ記事

puerta_zorrina.jpg



こんな所にもこんな崇高なブドウ畑があるんだ。。

スペインってどんなに奥深いことか、まだまだ
まだまだ知らないことだらけだ、

そう思い知らされた土地、カンガス。










mapa_cangas_del_narcea.jpg
アストゥリアス地方には DO はない。
Vinos de Calidad Cangas が1つあるのみ。
カンガスは南に位置する山を源流としカンタブリア海に注ぐナルセア川沿いの
谷間を形成する山間の産地。
スペインでは数少ない天然ものの鮭が釣れる川だそう。
生産者は 5 社、恐らく稼働している栽培面積は 100 haほど。
とにかく小さい。

cangas_foto.jpg

山脈が連なる生物圏保護自然公
園もある自然豊かなカンガスだ
けど、ことワイン造りに関して
は古くからワイン造りが行われ
てきたが、近年のクオリティの
歴史はほとんどと言っていいほ
どない。数社ある共同組合や、
中規模生産者も地元消費用ワイ
ンの大量生産が主。

そんなカンガスの名をワイン界
に驚きをもって知らしめた人物
がいる。


レンデロ_ニコラスさん.JPG

ニコラス・マルコス。

ニコラスさんはトロ出身。
家族・親戚は代々トロやル
エダ、リベラ・デル・ドゥ
エロでワイナリーを経営、
ニコラスも 1995 年まで
携わり研鑽を積む。
でも次第に、自分の目指す
ワインがそこではできない
想いが強くなる。フランソ
ワ・リュルトンなどの優良
生産者の栽培責任者として
活躍したり、輸出責任者と
して世界のワインを知る
ようになり、カリフォルニアやフランスで収穫・醸造経験を積むにつれ、その
想いは強まるばかり。アラン・グライヨやドウロボーイズの 1 人クリスチャーノ・
ファン・ツェーラーとも親交が深い。
様々なクオリティワイン、自然派などの試みをしても納得がいかないニコラス。
そんなところ、カンガスの地を発掘。

あっという間に魅了されたニコラス。
全てを捨て、ここでワイン造りをすることを決断。
その理由は、

① カラスキン、ベルデホ・ティントなどこの土地以外のどこにもない土着
  品種が栽培されている。
② 修道院の何世紀もの間ワイン造り、ブドウ栽培をしてきた歴史ある土地。
③ 粘板岩、石英、無煙炭などが混ざった素晴らしい土壌
④ わずかでも樹齢100年以上の古樹が残っている
⑤ 冷涼な気候

ニコラスにとって数を造ることは重要じゃない。本当に良いワインを造る
ためなら急斜面の畑が多い、手作業にしか頼れない環境もなんのそのだ。

カンガスの山奥に生息するというライチョウ(Urogallo)から名前を取り、
ドミニオ・デル・ウロガリョと命名し、2009年に移り住み、2010 を初ビン
テージにワインを造りはじめる。
カンガス中を巡り、農家の人たちと交わり、発掘した畑たち。
一部は自社畑、一部は契約畑。
計 7.5 ha。ガリシア同様小農制により細分化された区画たち。

vinas_urogallo.jpg

共同組合が主なこのエリア、格付け Vino de Calidad の規制に縛られること
なく自由に自分の信じるワインを造ることをめざし、ドミニオ・デル・ウロガ
リョのワインはビノ・デ・メサ。

アストゥリアスにブドウ畑がほとんどないのはその雨の多さと冷涼さ。
しかし、内陸の山間にあるカンガスの地は、ミクロクリマが形成され、雨も多い
けど、ブドウが成熟するための夏の暑さ、太陽もあり、昼夜の温度差も大きい。
でもやはり冷涼な土地だからこそ、畑はほぼ全て南向きの斜面を選んだ。
ニコラスはリスクを冒してでもフェノールがちゃんと成熟すること、果梗が成熟し
木質化することを優先し、同産地の他農家より2週間 ~ 1 か月ほど遅く、10月
中旬頃から収穫する。

◯◯農法と画一したものにこだわるわけではなく、それぞれの土地に必要と思う
ことをする。硫黄、ボルドー液、プレパラシオン501番、504番など。
使用する硫黄は世界中ほとんどで使われている石油原料のものではなく、鉱山から
採った天然ものを使用。ボルドー液も銅の塊を購入し、自身で石灰と混合して
作ったものを使用。
「メンシアは還元しやすい品種で、初め、普通の硫黄を使用していたら、熟成中に
還元するワインが結構あった中で、天然の硫黄を使い始めたらおどろくほどその
還元傾向が軽減したんだ。」
全てが影響しているからこそ、全てにこだわる。

そしてニコラスが最も惚れ込んだ畑がラ・ソリーナ。

zorrina.jpg
カンガス・デル・ナルセアという村のすぐ北にあるコリアス村にある畑。
この村には 11 世紀からのコリアス修道院があり、ヨーロッパでも歴史ある
宗教的意義深い聖地として知られ、フランスからの僧侶も住んでいたそう。
20 世紀に入ってもフランスの僧侶が住んでおり、ワイン造りをしていたそう。

P6202925.JPG


このラ・ソリーナ畑はその修道
院の裏の斜面の 0.56 ha の畑
で、僧侶たちが斜面に石を組み
自根で植えたもの。
カラスキン種が主でベルデホ・
ティントやガルナッチャも混植
されている。平均樹齢 132 年。
標高 440~480m。

この畑に立った時、何ともいえ
ないスピリチュアルな雰囲気が
あり、鳥肌が立った。



こうした畑から現在スタンダードキュヴェのペシコ赤・白、 そして古樹の
アルビーリョ単一白ラス・ヨラス、高標高のベルデホ・ティント主体の 3 
区画からの赤レトルトイロ、ラ・ソリーナ畑単一区画のカラスキン主体赤
ラ・ソリーナの計 5 アイテムを造っている。 

P6202970.JPG

醸造所も造りもシンプル。
清潔感あふれる醸造所内。

手摘み収穫後、良質のブドウ
のみをステンレスタンク、も
しくは栗材のフードルに投入。
除梗する場合は除梗機で軽く
破砕。全房の場合は軽く足で
踏む。開放槽で天然酵母のみ
で発酵、軽くピジャージュ。
オーク樽や栗フードルで自然
に MLF, 寝かせる。
SO2 無添加。清澄、フィル
ターなし。 


P6202971.JPG


栗材のフードル。

昔から残る畑は混植が多く、
醸造も全品種まとめてする
のがこの地の伝統。
ニコラスさんは、区画、斜
面の高部、低部、品種と分
けて収穫・醸造していたけ
ど、結局全てがブレンドさ
れた時に素晴らしいバラン
スとなることから、先人の
智慧にならい、一緒に収穫
や醸造をすることも考えて
いくそう。

pesico_tinto.jpg

 名称:Pésico tinto 2011
 品種:Mencía 40%, Verdejo Tinto 40%, 
           Carrasquín, Albarín Tinto
 産地:Vino de Mesa (Cangas del Narcea)
 生産者:Dominio del Urogallo

   ナルセア川沿いの複数の南向きの畑。
 標高 350~650m。
 平均樹齢 14、62年。

 除梗し、フレンチオーク樽(開放槽)でアルコール
 発酵、同樽および栗フードル(大容量)で10~12
 か月寝かせる。
 アストゥリアスとは思えない熟果実と共にメンソー
 ル、ユーカリのニュアンスも、石をなめたような
 ミネラル、嫌いじゃないざらざら感のあるタンニ
 ン、素晴らしい酸の存在。
 
 メンシアだけをバレルサンプルで試飲させてもらっ
 たけど、ビエルソのよりリベイラ・サクラなどの
 フローラルでフレッシュなスタイルに似る。

ベルデホ・ティントは、あの白ブドウ、ベルデホの亜種ではないとのこと。
特に古樹のブドウは、アストゥリアスの固有品種の中で最もピノに近い
薄めの色調で、赤果実が主、酸が穏やかでフローラルさ、フレッシュさがある。

lasyolas.jpg

名称:Las Yolas 2011
品種:Albillo 100%
産地:Vino de Mesa (Cangas del Narcea)

ナルセア川沿いのテボンゴ、レトルトイロ、ラ・
ソリーナ、ボラカンなど複数の畑のアルビーリョ。
樹齢 62、120、130年。
手で除梗、足で軽く踏み、フレンチオーク樽
(300ℓ容量、2年目、開放槽)で発酵、同樽で
澱と共に 12 か月寝かせる。

ニコラスの奥様、海外営業担当フランさんの奥様が
どちらもヨランダさんで、2 人のヨランダさんも
このワイン造りに携わったことから、ヨランダの
ヨラを取って名付けた。

果実の凝縮度をすごく感じる。アルビーリョは結構
中性的なブドウだけど、黄桃など果実が豊かで、
かつ酸が素晴らしく、フレッシュでバランスが取れ
ていて非常に魅力的。


zorrina_botella.jpg

  
  名称:La Zorrina 2011
      品種:Carrasquín 75~80%, 
               Verdejo Tinto, Garnacha etc. 
  産地:Vino de Mesa (Cangas del Narcea)
     生産者:Dominio del Urogallo

      標高 440~480 m の急斜面の畑ラ・ソリーナの混植
  畑の単一区画赤。
  全房で足で軽く踏み、大容量栗フードルで発酵。

  黒果実、山の植物、ミネラルなど複雑な香りに
  一本筋の通った酸、ストラクチャー、少し荒さの
  あるタンニン。
  でもバランス良くまとまっていて、素晴らしい
  冷涼さがあり、長熟のポテンシャルをすごく感じる。
 
  カラスキンは色素、酸、タンニンが非常に高く、
  長熟のポテンシャルが最もある土着品種。
  「若い時はじゃじゃ馬のように酸やタンニンが際立ち
  がちな難しい品種なんだ。」



ニコラスさんのワイン、SO 2無添加なのにこのクリーンさは何だろう。
ひねてないのは何だろう。
様々な醸造技術を経験したニコラスさんだからこそ、自然派であればあるほど
畑においても造りにおいても1つ1つの作業を非常に丁寧にする大事さを
知っている。
そして全てのワインに感じる果実の生命力。

今年は冬、春と雨が降り、5月以降はほとんど降らず、夏も暑く、昼夜の温度
差が大きく、フェノール類も一緒にゆっくり成熟し、小粒で健全なブドウに
育っている。この恵まれた年、ボルドー液も銅剤も使用せず、504 番と
乳清の散布のみだそう。

ニコラスさん、ヨランダさん夫妻.JPG


ニコラスと奥様のヨランダ。

アストゥリアスはシードラだけ
ではなく、素晴らしいワインが
できるポテンシャルがある所だ
ということを教えてくれた夫妻
だった。

カンガス、また行きたい!







ペネデスは大規模な造り手が多くて、外来品種・土着品種を幅広く認可し、白・ロゼ・赤、
甘口など実にバラエティ豊かなワインが造られる活気ある産地なのだけど、中でも注目したい
のはその陰に隠れて見えない大規模な造り手にブドウを売る農家の人たちや、伝統に根ざして
小規模でこだわりのワインを造る人たち、そういう縁の下の力持ち的な存在なのだ。

例えば、前に綴ったアルス・ヘリピンスもそう。

CellerMinguet22072009 024
そしてこのセイェル・ミンゲットも。

バルセロナからちょうどペネデス地方に入る玄関口とも言えるエル・パピオルという
小さな町にあるワイナリー。

家族代々ブドウ栽培をし、カバ生産者にブドウを売ってきたパレラ家。

kripta.jpg
このアンフォラの形をしたカバ、
あの有名カバ生産者、アグスティ・トレリョの最上級キュヴェ「クリプタ」に使うブドウの一部は
このパレラ家が供給するブドウが使われているそうだ。

CellerMinguet22072009 022Ruben
有機栽培を貫き、高品質ブドウを造り続けるパレラ家の5代目が若いルベン。
4代目まではブドウ栽培をやってきたけど、自らワインを造ることを決意、醸造学を学び、
醸造の経験を積み、1999年セイェル・ミンゲットを創業。

21haある土地には、さくらんぼの木、オリーブの木が多く植わる。
うち11haがブドウ畑で、ペネデス地方の北部、アルト・ペネデスに位置し、標高約300m、
比較的冷涼な気候、昼夜の温度差、地中海からの微風、粘土質の土壌と、100%有機栽培で、
健康的なブドウができる。

ブドウを良く知るルベンは、良質のブドウで素晴らしいスティルワインができることを
見極め、白1アイテム、赤2アイテムを造る。
外来品種も多く使った様々な良いワインを造るペネデスなので、外来品種がメイン。
カベルネ・ソーヴィニョン、メルロ、テンプラニーヨ、シャルドネ、チャレロ、
ガルナッチャ・ブランカ、ゲヴルツトラミネール、シラー、スモイ、ガルナッチャなどを
栽培、樹齢60年に上る古いブドウ樹もある。

収穫の8割はカバ生産者に売り、残りの2割で自社ワインを造る。

sasso parera
名称 : Sassó Parera 2008
品種 : Chardonnay 75%, Xarel.lo 21%, Gewurztraminer 4%
産地 : Vino de Mesa, Penedès
生産者 : Celler Minguet

栽選果後、足踏みで軽くプレス、フレンチオーク樽で42日間発酵、一部MLF、
同樽で7ヶ月熟成。約 2,300 本。
北を思わせるシャルドネメインの白。樽とのバランスも良く、繊細さ、軽さが
あってとても複雑。

faustparera.jpg
名称 : Faust Parera 2006
品種 : Cabernet Sauvignon 60%, Tempranillo 25%, Merlot 15%
産地 : Vino de Mesa, Penedès
生産者 : Celler Minguet

足踏みで軽くプレス、ゆっくり発酵フレンチ・アメリカンオーク樽で
13ヶ月熟成。約 3,500 本
果実味豊か、ブレンドもバランスが取れていてパワフルな骨格に繊細さが。

closparera.jpg
名称 : Clos Parera 2006
品種 : Merlot 100%
産地 : Vino de Mesa, Penedès
生産者 : Celler Minguet

選果後、足踏みで軽くプレス、発酵29日間、フレンチオーク樽14ヶ月以上熟成。
約 1,900 本
カカオ、カシス、少し動物的なニュアンス。
樽の影響はとても繊細で、とてもいい感じにバランスが取れている。
柔らかくとても滑らか。

「サッソ・パレラ」「ファウスト・パレラ」「クロス・パレラ」
どのワインも樽の使い方がとても上手。繊細で上品、爽やかさを併せ持つ。
造り手のこだわりが伝わってくる。

CellerMinguet22072009 025
熟成セラー。地下を掘ってつくった小さなセラー。

CellerMinguet22072009 030
ルベンさん。33歳くらいかな。

専門家の評価には関心がないため、国内外での受賞歴はなし、スペインで最も有名な
ワインガイド「ギア・ペニン」にも載っていない。規制にとらわれず自由に自分の
思うように造りたいため、DOには属さない。
ミシュラン三つ星のセイェル・カン・ロカ、一つ星のアバックなど、多くのレストランで
オンリスト、知る人ぞ知るワインだ。

ペネデスの大規模生産者の陰に隠れて、日の当たらない存在の少量生産者たち。
営利目的ではなく、自分の哲学をしっかりと持ち、こだわり続ける。
こうした生産者に出会えることがワインファンの醍醐味のひとつだって改めて思わせてくれた。

CellerMinguet22072009 012
土壌は砂、粘土、シルトが混ざった土壌で、うち粘土質が多い。

CellerMinguet22072009 013
畑の向こうに廃屋が見える。将来は、そこに家を建てたいそうだ。
畑の下端のほうに行くと、心地よい風が感じられた。
ブリサ・マリナ = 海からの風がブドウ樹を優しく揺らしていた。

上のラインナップの他にスモイ、ガルナッチャなどをブレンドした赤、チャレロの甘口白も
造っていたり、カタルーニャ北部アンポルダでもワイン造りをする計画とのことで、この
熱いルベンさんからますます目が離せない!

elsjelipinstitle.jpg

アルス・ヘリピンス

このワイナリーに出会ったのは今年の3月だった。
ワイン店での試飲会で試飲した時、ペネデスに本当の意味でのポテンシャルが
あることを直感したワイナリーだった。
ワインのことを説明してくれたオーナー・醸造家のウリオールさんも、とても印象に
残る人だった。ワイナリーを訪れた時、そういった直感が正しかったという結果に
なったのは、ウリオールが、ワインやワイナリーのことを説明する際に実際に自分
たちがやっていることからずれないよう、言葉を選びながら話していたことが
大きいと思った。

botella.jpg

まずびっくりするのはボトルのデザイン。
家族経営のこのワイナリー、グロリアとウリオール夫妻の当時5歳だった娘さん、
ベルタちゃんが考え出した魔法の言葉「ヘリピンス」。
妖精の名前として考えだされたこの名前はベルタちゃんのあだ名にまでなって、
家族の中でとても大切な名前になっていったのだそうだ。
その名前がワイン名になったのはこの家族にとってごく自然なことだったのだ。
ボトルは全てマーカーで一本一本手書き。
キャップシールも松脂蝋で、自然なものから。
とにかく全てが手作りのワインだ!

ElsJelipins_foto.jpg
ウリオール、ベルタ、グロリア、愛情溢れる3人が織り成すアルス・ヘリピンス

ウリオールは、もともとお父さんの経営するレストランで働いており、その時に
ワインに惚れたのだそうだ。実地の勉強を、とプリオラートのClos Mogadorに
弟子入りして醸造を学んだ。その後、様々なワイナリーのコンサルタントをしたり、
勤務したり、様々な近代的醸造技術で造る高品質、高評価のワインを色々な
環境で造ってきた。しかし、マニュアル通りのワイン造りには疑問で、自分で
自分のやり方でワインを造ることを決意。スペインだけでなく、フランスのニコラ・
ジョリー、フィリップ・パカレ、プリューレ・ロックなど、ブルゴーニュのビオディナミ
大家たちとも交流するようになり、ビオディナミに傾倒、2001年が初ビンテージ
だが、2003ビンテージからその影響が表現されている。

Sumoll.jpg

ワイナリーのある場所はペネデスの奥地、標高600m、畑のある場所は約700m。
大陸性気候ではないけど、厳しい冬、朝晩の気温差が大きい。真夏でも夜は
外で半袖でいるのは不可能なのだそうだ!グロリアは農学士でもあり、植物や
地域の生態系にとても詳しい。ビオディナミだから、化学薬品や農薬は一切
使わず、周囲の自然をそのままに受け入れて栽培する。
べト病などを防ぐために、カルドという紫の花やにんにくをお湯で煎じて、
それを畑に撒くのだそうだ。また、葉っぱが健康に育つために、牛乳を撒い
たり、海草を煎じて撒いたりもするのだそうだ。

ブドウはこの土地の伝統品種スモイ種。酸度が高く、色が出にくく、タンニンが
少なくとても難しい品種。でも適熟させれば長熟のポテンシャルを持つ。
ペネデスにはこのSumoll種が昔から固有品種として多く栽培されていたが、
それが市場のニーズ、原産地呼称統制委員会の規制により、どんどんカベルネ、
メルローなど他の外来品種にとって替わられていった。
わずかに残る古い樹齢のスモイ種と、ガルナッチャを少しブレンド。

全てを自然のままに、その土地・環境だからこそできる唯一の味わいを。
その伝統回帰の考え方、ビオディナミ、そして、ブルゴーニュへの傾倒、これが
融合してできたのがアルス ヘリピンスの赤だ。

Fotos 028

名称 : Els Jelipins 2004
品種 : Sumoll 60%, Garnacha 40%
産地 : Vino de mesa (Penedes地方)
生産者 : Els Jelipins

Els Jelipins 06032009 015

収穫後、軽く選果後、除梗しないでマセラシオン、発酵中、ピジャージュで軽く撹乱。
熟成には600ℓの大樽(フードル)はスロベニア・フレンチオーク、木を曲げるために少し
焙るだけのトーストのない樽や、アンフォラを使う。
熟成後にクパージュを2〜3か月かけてやる。日によってワインの味わいも変わって
くるから、1週間などで味を決めることはできない、との信念から。
ファイニング、フィルター、安定化処理など一切せず、自然そのもの。
2500本分のブドウを収穫しても、品質にこだわりできるのは1200〜1500本。

現行ビンテージ 2004は、完璧な気候条件で素晴らしいブドウがとれたのだそうだ。
ブルゴーニュスタイルのエレガンス、爽やかさ、フィネスを持つこの赤。
スペインではなかなか出会えない味わいだ。
他のカタルーニャのワインとは特徴を異にするこのワイン、一般市場ではなかなか
受け入れられず、本当にワインをわかるソムリエがいるミシュラン3つ星レストラン
(サン・パウ、ムガリッツ、エル・ブジ等)やワイン店などでしか置かれていないそうだ。

Fotos 032

印象的なウリオールの言葉「全てを決めるのはブドウ。Quien nos manda es la uva. 」。
だから毎年、醸造方法も自然と変わってくるし、その年の気候、ブドウの状態で、
まっさらな状態から分析する。過去のデータなどから〜すべきだ、ということは一切
しない。pH、残留糖度、アルコール度なども記憶にはあっても、データとして残さない。
毎年ブドウと、自然と、対話しながら造られる素直なワイン。アルス・ヘリピンス。
これからの成長がとても楽しみだ。

こんな貴重なワインが日本でも手に入ることに!
スペインワイン商のHさんとワイナリー和泉屋さん新井社長さん(またまたお写真、
お借りしました。ありがとうございます!)のご尽力で、秋口には日本初上陸!
あぁ、本当に楽しみだ。

ワイン通販サイト、ワイナリー和泉屋は、フランスやイタリアを始め、おいしいワインを販売します

このワイナリーに出会って、スペインは全ての地域において、今、本当に良いものを
造ろうとするエノパタ(ワインフリーク)な生産者がたくさん潜在しているんだと改めて
実感した。