DO RUEDAの最近のブログ記事

寒い冬は、スペインの暖かい煮物がほんとに美味しい。

日本語では「ひよこ豆」と呼ばれる「ガルバンソ」、
こっちにあるお豆の中で私の一番好きな豆だ。
ガルバンソは、サラダにしても美味しいし、煮物にしても美味しい。
魚介類からお肉から、色んなものと合う。
今日は、鱈とほうれん草で煮込んだシチュー。

無題

ガルバンソに、塩抜きした鱈とほうれん草、みじん切りにした玉ねぎを炒めて、魚介類の
出汁、ローレル、クミンを入れて煮込む。そこに、ゆで卵の黄身・にんにく・パン1枚・パプ
リカ・パセリを出汁を少し加えてすり潰したものを加えて、更に煮込む。最後に塩で味付け
して出来上がり。

昔はVigiliaといって、カトリックで聖週間の四旬節だけでなく、毎金曜日は肉を食べない
習慣が根付いていたのだそうだ。そういう時に豆料理はよく食されていたという。
しかも鱈は、まだ冷蔵技術が発達していない時代に、生魚が手に入らない内陸部で、
塩漬けの鱈は入手し易く、美味な魚として重宝されていた。

この一品、スペイン全域で良く食べられる組み合わせだけど、もとはカスティーヤ・レオン
の郷土料理のようだ。
そんなわけで、マリアージュはやっぱりカスティーヤ・レオンの白を。

piefranco.jpg

名称 : Blanco Nieva Pie Franco Verdejo 2006
品種 : Verdejo 100%
産地 : DO Rueda
生産者 : Viñedos de Nieva, S.L.

DO ルエダのセゴビア、標高850mに位置するワイナリー。
スペインのいくつかの砂質土壌の畑には、フィロキセラに負けず生き延びている「ピエ・
フランコ」と呼ばれる樹が残っている。ルエダにも樹齢100年以上というピエ・フランコの
ベルデホがある。このワイナリーは89年設立という比較的新しいワイナリーだが、
数世紀も前から僧侶達が栽培を続けてきたブドウ畑を所有、ルエダで最も古いブドウ畑
なのだそうだ。

セゴビアは、世界遺産の町であり、あの白雪姫のお城のモデルになった城、アルカサルが
あることでも有名で、銘柄「Blanco Nieva」は白雪姫伝説にちなんだ名前だ。
アメリカ・オークで7ヶ月樽熟をしたベルデホ、柑橘類、白果実系などの香りに、果実味と
酸のバランスがほどよく、樽熟からの滑らかさもある大変美味しい白。
ベルデホ特有の少し苦みのある後味もあって、心地よい。

様々なハーブで煮込んで、鱈の味わいが沁みこんだシチューと、滑らかで爽やかな
ベルデホ、とても合った。

スペインの煮込み料理、美味しい!

今日はまだ飲んだことのないワインのお話。 2008年にスペイン初のアイスワインが発売される。 アイスワインとは、冬まで完熟させ、凍結と解凍を何度も繰り返したブドウを使って造られる ワインのこと。ブドウ本来の甘みと豊かな芳香が楽しめるワインとなる。 寒いドイツ、オーストリア、カナダなどで主に造られるもので、スペインでは初めてのこと。 造るのは、D.O.ルエダのBodega Vidal Soblechero de La Secaというワイナリー。 ワイン名はVinya Clavidor。 20071125044657.jpg 2006年12月に収穫された固有品種Verdejoを使って来年1月に発売予定。 50ユーロ程するそうだが、既に予約でいっぱいだそうだ。 カタルーニャのワイナリーGramonaがVi de Gelという甘口ワインを造っている。 http://www.gramona.com/web/productos.php 限りなくアイスワインに特徴が似ているが、これは、収穫後に凍結することによる醸造 のため、自然に凍結されたブドウから造るアイスワインとは違うのだそうだ。 うーん、是非とも飲んでみたいねぇ。 ドイツのアイスワイン、今度楽しんでみよー!
ヴェルデホの白ワインといえばルエダ。 アルバリーニョと並んで高級白ワイン用として注目されている品種。 カスティーヤ・イ・レオンに位置、白のみを造る地域。 ヴェルデホは大好きとまではいかない品種。 果実味豊か、トロピカルな香りが漂って、素晴らしいのだけれど、なんだろう、あの桃とかバナナとかをたくさん食べた後のもったり感、そして重過ぎるくらいの重厚感、そんな感じがしてしまうから。 ま、私の好みは置いておいても、ブドウの旨みがバランス良くきれいに仕上がったワインを造るのは難しい品種。果実味が特徴な品種だけに、白としての爽やかさ、適度な酸みをどう出すか。難しいんだろうなぁ。 ソーヴィニヨンブランを少しブレンドして爽やかさを出している白もある。 そんな中でもやっぱりいいものはありますねぇ。 ヴェルデホ100%の中でお気に入りは、 vino_belondrade.jpg 色 : 白 名称 : Belondrade y Lurton 2000 品種 : Verdejo 100% 産地 : スペイン D.O. ルエダ 生産者 : Belondrade y Lurton http://www.belondradeylurton.com/ 日本にも入っているこの素晴らしい白を造るワイナリー。 ボルドーで数々のシャトーを所有するリュシアン・リュルトン氏の娘さんブジリットとその旦那さんティディエ・ベロンドラーデ氏が、ルエダの土地に魅せられて94年からワイン造りを開始。 彼らのメインは樽醗酵の白。 まぁ、素晴らしいです。まず目に留まる濃く鮮やかな黄金色、草っぽい香りがわずかにしつつ、トロピカルフルーツの香りが豊かで、とにかくまろやかな口当たりなんだけど、最後の酸みや少しの渋みがバランスを取ってくれている。とにかくバランスが取れていてすごく美味しい。 行きつけのワインショップでの無料試飲会で、幸運にもこのワイナリーの樽熟シリーズ全てのヴィンテージを試飲することができた。2000年ものが一番美味しい気がした。 無料だからと、友達とたくっさんいただいた(笑)。 それから、スペイン人だって負けてません。 色 : 白 名称 : Jose Pariente 品種 : Verdejo 100% 産地 : スペイン D.O. ルエダ 生産者 : Bodegas y Vinyas Dos Victorias http://www.dosvictorias.com/ DSC01439_med.gif これもルエダ白試飲会で、色んなワイナリーのを試飲させていただき、びっくりしたワイナリー。 ひとこと、美味しい!! 飲んだ瞬間に自然とその言葉が出た。 ヴェルデホに対する私のちょっとネガティブなイメージを払拭する素晴らしい白だった。酸みもしっかりしていて適度なフルーティさ、深みもありつつバランスが取れていて、とにかく飲み飽きない。 樽熟2005も、本当に素晴らしかった。。。。 ヴィクトリアという二人の女性が造る白、生産量を抑えてクオリティ重視。これからも更に注目のワイナリー。