DO MONTSANTの最近のブログ記事

caterina.jpg

バルセロナ中心部にある 2 大市場の1つサンタ・カテリーナ市場。

自然の光が入り解放感のある雰囲気の市場、

上空から見たらこれがまたすっごくステキで。

 

DSC02768.JPG

 

 

 

その市場の前でこの土曜日、モン

ンのワイン祭りが開催された。

DOが認定されて今年が10周年な

だそうで、その記念にモンサンの

ンをもっと知ってもらう主旨で

開催された。

 

 

 

 

 

 

 

 

DOMontsant_plano.jpgスペイン北東部カタルーニャ州、バルセロナから南西に150kmほど行った山間の産地が

モンサン。銘醸地として知られるプリオラートが真ん中にあって、その周りを囲むよう

してあるのがこのモンサン。

主要品種は、ガルナッチャ、カリニェナ、ガルナッチャ・ブランカと同じ。

では何が違うか。

 

モンサン             プリオラート

降雨量    500 600 mm            500 600 mm

気候   地中海性、山脈が走っている    地中海性、温暖で乾燥

     ため大陸性気候の影響も      夏はほとんど雨が降らない

     海からの湿った風が吹き込む

土壌   主に石灰質を含む丸い小石が多い  リコレリャ(粘板岩)

     土壌、その他、花崗岩質、     わずかに粘土質

     リコレリャ(粘板岩)

畑    平地から緩やかな斜面、急な    急な斜面、段々畑

     斜面など様々

DO    2000年より            1954年より(2000年よりDOQ

価格   プリオラートより安い       高い

 

隣合わせでも環境は異なる。

特に赤ワインについて、質の歴史を見てもプリオラートの方が早く取り組んでおり、

世界でも珍しいリコレリャ(粘板岩)土壌で知られるプリオラートでは、石のような

ミネラルが豊かに感じられ、長熟のポテンシャルが高く、よりしっかりしたストラク

チャー赤ワイン。それに対してモンサンの赤は、果実味がより感じられ、余韻もプリ

オラートほど長くないものが多い。

それでも情熱を持った若い醸造家たちも多く、質の向上は目覚ましく、多様な土壌、

プリオラート同様古い樹齢の畑も多くあり、低収量で素晴らしいワインを造る造り

手も出てきている。

 

DSC02766.JPG

 

名称 : Dido "La Universal" 2009
品種 : Macabeo

     Garnacha Blanca

     Xarel.lo
産地 : DO Montsant
生産者 : Venus La Universal

 

プリオラートの改革家「4人組」の

1人ホセ・ルイス・ぺレス氏の娘サ

ラ・ぺレスが旦那のルネ・バルビ

エとモンサンで造るワイン

「ディド」。

花崗岩質で有機質に乏しく痩せた土

壌の 4 haの畑でブドウを栽培。

 

 

 

99年から始めたプロジェクトで当初はまだ樹齢が若すぎたため、契約畑からブドウを

購入していたけど、今は自社畑のブドウで造り始めたみたい。有機栽培で、野生酵母で

醸造、SO2もボトリングの際にほんの少量添加する程度。

かなり前飲んだ時よりピュアさがあってすごく良かった。

サラさんは、ほんとに素晴らしい醸造家だと思う。

 

DSC02767.JPG

 

名称 : Vi Novell 2011
品種 : Garnacha, Cariñena,

     Cabernet Sauvignon, Syrah
産地 : DO Montsant
生産者 : Celler El Masroig

 

こんなかわいい豚さんのラベルも。新酒と

して、スペインの解禁日1111日から1

頃までの期間限定で販売するワインだそう

で、スペインでこうやてヌーボーを打ち出

すワインというのもなかなか珍しい。

解禁日の1111日もスペインはかなりアバ

ウトだと思うし、笑。

 

 

 

 

 

 

 

DSC02764.JPG

 

名称Trossos tinto 2009

品種 : Garnacha 100%
産地 : DO Montsant
生産者 : Portal del Priorat

 

今日のピカイチの赤。

建築家アルフレード・アリーバス

氏が2007を初ビンテージとして造

る希少赤。

マグナムで300本、750mlでも

1000本ちょっと。

セレクシオン・マッサールでフィロ

キセラ以前の自根の古いブドウ樹か

ら株を増やし最良質のブドウのみで

造るガルナッチャ。

フレンチオーク樽で12か月熟成。

 

色が淡く、ピノ的な香りで、味わいは凝縮度があって素晴らしい。

 

ローマ字の「C」という形の産地で、北から南と距離もあり、土壌も気候も多様で、

これからも様々なスタイルの良いワインが造られていくのでは、と楽しみな産地だ。

 

サンタ・カテリーナ市場はいつ来ても楽しい♪

家の近くにあったらもっと料理する意欲が湧くんだけど、笑。

美味しいチーズを購入しておうちでモンサンワインと楽しもう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご無沙汰してましたーー。

今回で3回目になるかな、このワイナリーを訪れるのは。
日本からのプロの方々にお供させていただいた今回、今までの訪問に更に輪をかけてワイナリーの
情熱を感じることができた訪問となった。

logo.jpg

カタルーニャの銘醸地プリオラートとモンサンの隣り合わせの二つの産地で建築家アルフレード・
アリーバス氏が唯一無二のワインを造る「ポルタル・デル・モンサン」「ポルタル・デル・プリオラート」
建築とは全く関係ないワインの世界。でも、小さい頃からおじいちゃんがワイン造りをするのを見て
育ってずっとワインを楽しんできたアルフレードさん。成熟した人生のライフワークとしてワイン造りの
道に進むのは至極当然なことだったんだな、と思う。

彼のワイン造りは、伝統と全く新しいアイディアが調和を成している。

モンサンは、土着品種、カリニェナ、ガルナッチャ、ガルナッチャ・ブランカを中心に伝統スタイルと
新しいスタイルのワインを、プリオラートでは、土着品種、カリニェナ、ガルナッチャを中心に、
プリオラートでは珍しい様々な品種をブレンドし、新しいスタイルの確立に力を入れる。

Portal_map.jpg
地図で見ると、二つのワイナリーはとても近く、直線距離で7kmくらいだ。
そんな近いのに、環境は見事に異なるのだ。

Portal_del_Montsant_Priorat_30052010 004
モンサン南部にあるガルナッチャとガルナッチャ・ブランカの畑。樹齢80〜85年。
放置されていた古い樹齢の畑を購入して、復活させている。
モンサンの中でもより暑い、乾燥した所。
トップキュヴェ、Trossosに使われるブドウたち。
収量はとても低いが、素晴らしいブドウをつけてくれる。

Portal_del_Montsant_Priorat_30052010 006
樹齢100年だそうだ!ガルナッチャで、フィロキセラ以前の自根のブドウ樹。。。
素晴らしい。。。。良質のブドウができるクローン、「Big Mama」という愛称でかわいがられ、
ここからセレクション・マサルをしてプリオラートの畑に植えて試験栽培をするなど、新しくも
伝統を守る試みを常にしているアルフレードさん。すごいな。

Portal_del_Montsant_Priorat_30052010 021

名称 : Trossos tinto 2007
品種 : Garnacha 100%
産地 : DO Montsant
生産者 : Portal del Montsant

名称 : Trossos blanc 2007
品種 : Garnacha Blanca 100%
産地 : DO Montsant
生産者 : Portal del Montsant

マグナムのみで各900本のみという、超希少ワイン。

6月5日にモンペリエの近くの町で開催されたという グルナッシュ・シンポジウム
ワイン評論家ジャンシス・ロビンソン女史、スティーブン・スパリエ氏なども参加し、世界中の
注目されるグルナッシュ(ガルナッチャ)のワインが集まり、議論される世界最大のシンポ
ジウムだそうで、アルフレードさんも招待され、トロッソスがとても注目されたとのこと。
すっごーい。
赤も白も本当に素晴らしい。。エル・ブジにも休業までの間、オンリストされるそうだ。

その他、ガルナッチャ・ブランカで造る白、サンブル・ブラン、伝統スタイルの古い樹齢の
カリニェナ主体のサンブル カリニェナ・ヴェレス、若々しい果実が溢れるブルベリーなど
幅広いラインナップで、どれもエレガントでとても美味しい。

そして、プリオラートへ。車でものの10分、リコレリャというスレート状の土壌に変わる。


2001年にスタートしたプリオラートのプロジェクト、初ビンテージは2007、その間、
じっくりと畑で作業を進めてきた。

Vineyard_Priorat.jpg
標高の高い場所にある凝縮度の高い樹齢100年のカリニェナの畑

Portal_del_Montsant_Priorat_30052010 013
そして新たに植えたものと合わせて15haの畑。
土着品種、カリニェナ、ガルナッチャの他に、プティ・ヴェルド、シラー、マルサンヌ、
カベルネ・ソーヴィニョン、はたまたアリアーニコやトウリガ・ナショナルなども栽培されている!
彼の研ぎ澄まされた五感とで、そうした様々な品種が見事にブレンドされていく。
プリオラートの伝統のガルナッチャ、カリニェナを大事にしながらも、様々な品種をバランスよく
ブレンドし、エレガントさ、爽やかさのある新しいプリオラートスタイルを造り出す。
それぞれの品種を理解できて、その土地の特徴を理解できてこそ、初めてできること。

Portal_del_Montsant_Priorat_30052010 022

名称 : Negre de Negres 2007
品種 : Garnacha, Cariñena, Cabernet Sauvignon, Syrah ……
産地 : DOC Priorat
生産者 : Portal del Priorat

名称 : Somni 2007
品種 : Syrah, Garnacha, Cariñena ……
産地 : DOC Priorat
生産者 : Portal del Priorat

トップキュヴェの「ソムニ」は、全ての区画から最も良質のブドウのみを使って造る。
「ネグラ・デ・ネグラス」共に、テロワールのミネラルさ、爽やかさ、そして果実の豊かさも
あって、今までのプリオラートにはないスタイル。2008も試飲させてもらったけど、またまた
素晴らしく感動した。。

Portal_del_Montsant_Priorat_30052010 001

カタルーニャで造る「 サンテス (Santes)」シリーズも、低価格ワインでも、生産量も少なく、
自社畑のブドウのみで造るこだわりのワインたち、どれも素晴らしいコストパフォーマンスだと思う。

あのアルバロ・パラシオスで醸造・栽培を担っていたジョアン・アセンス氏もチームに加わって、
アルフレードさんのワイン「建築」(笑)の旅を、ますます応援していきたい!

建築の仕事で80年代から日本に50回以上は行っているアルフレードさん。
日本の和朝食が大好きなのだそうだ。外国人には結構重たいと思う、ご飯に味噌汁にお魚、
納豆 etc、日本的朝ごはん、それが好きなんて、やっぱり日本通なんだな。
今度は建築ではなくワインで、再び日本にアルフレードさんがやってくる!
詳細はこちら。

Portal_del_Montsant_Priorat_30052010 024
昼下がり、アルフレードさんの美味しいワインと共に木陰でランチ。
気持ちよい初夏、このままシエスタしたくなるような。
ステキなひと時を本当にありがとう。

PrioratLabels.jpg
グレゴリ・サアベドラ (Gregori Saavedra) 氏

TrossosLabels.jpg
ペレット(Peret)氏

Bruberry.jpg
ハビエル・マリスカル (Javier Mariscal) 氏

MontsantLabels.jpg
アルフレード・アリーバス (Alfredo Arribas) 氏

スペイン、特にカタルーニャを代表する国際的に有名なデザイナーさんが集結!
なんだか美術館にいるような感覚ですが!

これみんな、ワインのラベルたちだって言ったら、すごいですよねぇ。

これだけインパクトのあるデザインたち、それだけ中身のワインへの期待度も上がるというもの。
そしてそれを全く裏切らないクオリティとコスパ。

生産者 「ポルタル・デル・モンサン」「ポルタル・デル・プリオラート」、
オーナーであるアルフレード・アリーバス氏、建築家としてスペインで最も著名な一人で、
世界中でもその名を知られている。20年近く前から、建築の仕事に携り、商業施設を主に、
大都市の多くのホテル、バルセロナオリンピックの施設などを設計。
ずっとワインが好きでワインの造詣も深い。クリエイティブな人達は、いろんな分野で
才能を発揮できるんだなぁ。

去年訪問した時の様子は、こちらでどうぞ。

NegredeNegre.jpg
名称 : Negre de Negre 2007
品種 : Cariñena, Garnacha, Cabernet Sauvignon, Syrah
産地 : DOC Priorat
生産者 : Portal del Priorat

有機栽培の固有品種のガルナッチャとカリニェナを主に補助品種としてカベルネ・ソーヴィ
ニヨンとシラーを少量ブレンド。フレンチオーク樽にて12ヶ月の熟成。新樽の比率は低い。

綺麗な酸、エレガントさ、冷たさを感じ、凝縮度の高さ、素晴らしい長熟のポテンシャルを持つ赤。
プリオラートのパワー、ブルゴーニュのエレガンスがひとつになったような赤。
プリオラートもどんどん進化していることがわかる一本。

この上級キュヴェ「ソムニ」がほんとに素晴らしい。。。素晴らしいポテンシャルで、今でも
既に表情豊かで楽しめるが、何年か先まで保管して、楽しむべき素晴らしい一本だと思う。
生産量4000本。とても貴重だ。

この二つのプリオラート赤、デザインが、毎年替わるとのこと。
6ビンテージ先まで既にデザインが決まっていて、そのデザインたちがミニストーリーになって
いるのだそうだ。
もぉやることが違います。全てにおいてこだわりまくり。。
わくわくさせてくれますね。

Santbru.jpg
名称 : Santbru Carinyenes Velles 2006
品種 : Cariñena 100%
産地 : DO Montsant
生産者 : Portal del Priorat

モンサンのワインたちも素晴らしい。
プラオラート、モンサンの地で、真価を発揮するカリニェナ。樹齢約70年の様々な区画からの
カリニェナを使用、1株毎に1kg以下と収量を制限、区画ごとに熟成用の樽の大きさ、トースト
レベルを変え平均14ヶ月熟成(フレンチオーク、新樽比率 80%)。
カリニェナの持つ素晴らしいタンニンで、しっかりした酸で素晴らしい長熟ワインになり、
スミレのようなフローラルな香り、土壌のミネラリーさ、カリニェナの魅力を余すことなく
伝えてくれる一本。

wow.jpg
この2月末にモンペリエで開催された南仏ワインを中心とする展示会「 Vinisud 」と共に開催された
WOWイベント。 WOW とは「Wordwide Original Winemakers」の略で、フランスの個性的かつ
秀逸な醸造家たちのイニシアチブで世界中の上質で個性溢れる生産者を集めたグループで、
アルフレード氏のワイナリーもこのグループに参加しており、試飲会は大盛況だったとのこと。
市場として大変難しいフランスにも販売が決定したのだそう。

WOW_Vinisud_23022010縮
イベントで。アルフレード氏(右)、サポートのイサベルさん(真中)

PortaldelMontsantPriorat_22042010_1.jpg
つい最近バルセロナのワインショップ・卸し業者、ビラ・ビニテカで開催された試飲会、やっぱり
注目度高いアルフレードのワインたち。たくさんの人が入れ替わり立ち替わり、
みんな感動しながら試飲。

PortaldelMontsantPriorat_22042010_3.jpg
「トロッソス」もあった!
本当のワインラバーだけに飲んで欲しいと、マグナムボトルのみで1000本以下の生産、赤、
白共に、ガルナッチャ、ガルナッチャ・ブランカが、素晴らしいエレガンス、複雑さで
表現されている素晴らしいワインたち。ほんとに参ります、このワインたち。。

PortaldelMontsantPriorat_22042010_5.jpg
ペレットさんも応援に駆けつけていた!
アルフレードさん(左)と共に、ペレットさん(右)がデザインした
「トロッソス」のワインと共にパチリ!

「アバン-ギャルド」と自称するアルフレード。ワインだって色んなスタイルがあっていい、
今までのイメージを壊して、新しいものを創造する。

「建築もワインも何かをつくるという点では同じ。建築は一つ一つのプロジェクトが異なるもので、
完成すると終わる。ワインは、毎年ブドウと向き合って、ワインと向き合って、自然と向き合って、
継続性があり、変化のあるもの。そんなところに惹かれたんだな。」とアルフレード氏。
2003年出帆、ワインメーカー、アルフレード氏の旅は始まったばかりだ。

(追記 2010/05/05)

parker.jpg

4月末に発行された「ワイン・アドヴォケイト」誌 最新号 Issue 188 で
パーカーポイントが発表されました。

【ポルタル・デル・モンサン】
Bruberry 2008 89点
深い深紅色。樽のスモーキーさ、ミネラル、黒果実(チェリー系)、
そしてブルーベリー。滑らか、味わいも、バランスも良い。
もう少し深みがあればベター。あと5〜6年は楽しめる。

Brunus Rosado 2009 90点
濃いピンクと薄いルビー色を重ねた色。チェリー、コケモモ、キイチゴの
香りの層が次々にグラスから溢れでる。コクがあり、ドライ、芯のある
味わい。このロゼはあと2年は楽しめる。

Santbru 2007 93点
ワイナリーのフラッグシップワイン。黒紫色、わずかにロースト香が混じる
ミネラルには説得力があり、アニス、タイム、エスプレッソ、プラム、
ブルーベリージャムなどが香る。ふくよかな味わい、濃い黒・青果実、
豊かなミネラル、スパイス、オーク樽が素晴らしく溶け込んでいる。
2〜3年セラーで寝かせたあたりから楽しめ始め、2012年から2022年
まで楽しめるだろう。

【ポルタル・デル・プリオラート】
Negre de Negres 2007 91点
深い深紅色。素晴らしいミネラル、様々なスパイス、エスプレッソ、
ラベンダー、ブラックチェリー、プラムの香り。フルボディ。親しみやすく、
スタイリッシュ。長熟のワインで、1〜2年経つと開き始めるが、今でも
充分に楽しめる。

Somni 2007 94点
輝きのある黒紫色。既にミネラル、敷かれたばかりのアスファルト、
リコリス、様々なスパイス、ハーブ、ブラックベリーリキュールなど
複雑なブーケを見せつけている。濃厚、素晴らしい熟成感。
美しいふくよかさは、今から8〜10年は楽しませてくれるだろう。

素晴らしいっ!

5月中旬に綴ったプリオラート、オオカミたちとの宴の続きで、またプリオラートに来ている。
ペーパードライバーな私、唯一運転できるスマート フォートゥーに乗って、デンジェラス
ドライバー発進!旦那に助けてもらいながら、なんとか辿り着いたプリオラート。

最初に訪れたのは、モンサンとプリオラートの両方で新しいスタイルのワインを造る
アルフレード・アリーバス氏のワイナリー、 Portal del Montsant - Portal del Priorat
5月のグラタジョプス村での「Tast amb Llops オオカミたちとの宴」で初めてお会いし、
プリオラートの新しくリリースしたワインを試飲させていただき、その美味しさに感動!
今回ワイナリーを訪問したのだ。

このアルフレード・アリーバス氏、何を隠そうスペインで最も著名な建築家の一人で、
世界中でもその名を知られている人なのだ。20年近く前から、建築の仕事に携り、
商業施設を主に、大都市の多くのホテル、バルセロナオリンピックの施設などを
手がけ、日本でも、福岡ドーム、ハウステンボスの一施設、札幌タワーなど、多くの
建築デザインを手がけてきたのだそうだ。

その彼が、ワインをこよなく愛し、2001年からワイン造りの道に傾倒、プリオラートと
モンサンの二つの土地で古い畑を購入、ワイナリーを創業したのだ。
右腕となる醸造家は若くも長年モンサンで醸造経験を積んできたリカルド・ロフェス氏。
栽培責任者の女の子もとても若く、若いエネルギーが溢れるワイナリー。

Priorat23052009 019
左から、リカルド氏、アルフレード氏、畑担当の方、事務を取りまとめるイサベルさん。

【プリオラート】

Priorat01052009 074

「オオカミたちとの宴」で飲んだプリオラートの赤。

NdN 2007 (写真右)
Somni 2007 (写真左)

2001年に古いカリニェナ、ガルナッチャなどの畑を購入。大事に育て、様々な研究を
重ね、満を持してリリースされたとも言うべき2007年ファーストビンテージ。
重厚感、凝縮感があって、それでいてエレガントなプリオラートの赤、でも、アルフレードの
赤で驚いたのがその爽やかさ。ガルナッチャ種など、爽やかさを出すのが難しい品種。
今まで飲んだことないプリオラート。これからのプリオラートの方向性を示すような完成
されたスタイル。参った。

Priorat23052009 042
プリオラートの畑。できるだけ自然の状態で。株ごとの収量は1〜1.5kgと大変少ない。

Priorat23052009 032
標高300mほど、計13haの畑。

Priorat23052009 063
ワイナリーも自然と共生。地下に埋まる建築、屋根にはプリオラートのリコレラ
(スレート状の石)が敷き詰められ、丘の上から眺めるとどこにワイナリーがある
のかわからない。

【モンサン】

そして、そのプリオラートでの経験を活かして、お隣のモンサンでも2003年ワイナリーを
創業。モンサンは、隣人プリオラートと比べられ、長い間プリオラートの影に隠れた存在
だったけど、実際のところ、できるワインは全く違うし、モンサンでも素晴らしいワインが
どんどん誕生し、比較するべきことではない、という意識が定着しはじめているのを感じた。

Priorat23052009 026
前世紀初頭からワインを造り続けてきたマルサ農協の醸造所を購入、ワイナリーを設立。

Priorat23052009 012
中は近代的な醸造施設が整然と並ぶ。

ワイナリーは、DO南西部に位置し、地ブドウ、カリニェナ、ガルナッチャ種を主に栽培。

vinya.jpg
南部の畑「Alba」 古いカリニェナの樹。

vinya2.jpg
北部の標高700mほどの畑。

モンサンには、カリニェナなどの固有品種で大変古い畑がまだ多く残っており、
20haの自社畑は平均樹齢65年を超える。
モンサンの南部、北部、環境の異なる様々な土壌・標高の畑のブドウをバランス良く
ブレンド、クオリティ高いワインがここでも造られている。

Priorat23052009 009
サンブルー、ブルヌスの銘柄で計4種のワインを造る。
サンブルーは伝統的なスタイルのワイン。赤は樹齢の高いカリニェナ、樽熟で造る、
白はガルナッチャ・ブランカがメイン。
ブルヌスは、新しいスタイルを求めたもの、カリニェナがメインの樽熟赤とガルナッチャ
100%で造るロゼ。

この4つ、どれもこれも本当に素晴らしいのだ。。
醸造家のリカルド氏、ここでも「爽やかさ」「エレガントさ」を追求、素晴らしく完成度の
高いワインに仕上がっている。

2007年から世界的に有名なオーストラリアの醸造家、スティーブン・パンネル氏もワイ
ン造りに参加、更にパワーアップ、内外で高評価を博している素晴らしいワインたち。

モンサン、プリオラート共に、自然を尊重した栽培、ブドウ本来の特徴を大事にした
ワイン造りをするワイナリー、Portal del Montsant - Portal del Priorat。
日本にも入るといいなぁ。。

ワイナリーのみなさん、本当にありがとう!

Alfredo, Recardo y todo el mundo de la bodega, gracias a vosotros y vuestros
fantásticos vinos, disfrutamos mucho la visita!
He intentado describir con mucho cariño sobre vuestros bodegas y vinos.
Espero que en el futuro cercano mis compatriotas de mi país puedan disfrutar
de vuestros vinos!
Muak muak :)

友達と夕方、一杯飲みながらおしゃべりする、こんなひと時が一番嬉しい。 友達に教えてもらった「Cafe de Vins(ワインのカフェテリア?)」、その名の通り、 何でも飲めて、ワインも充実している感じのおしゃれなバル。 あんまり飲まないようにしなきゃなぁ、と思いつつも、ついつい飲んでしまう。。 ワイン一日一杯なら健康にいいって言うし、とか自分を納得させながら(笑)。 今日のワイン。 色 : 赤ワイン 名称 : Mas Donis 2006 品種 : Garnacha 80%, Syrah 20% 産地 : スペイン D.O. モンサン 生産者 : Celler de Capcanes http://www.cellercapcanes.com/castellano.htm 20071031053315.jpg 88106l.jpg モンサンはD.O.C.で有名なプリオラットを囲むようにCの字を描く形で、「プリオラットの 指輪」と呼ばれる地域。Prioratと気候は似ていて、距離的にもとても近いのに、土壌や環境の 違いでここまで違うワインができるんだってとても興味深かった覚えがある。 地ブドウと国際的ブドウ品種のどちらもを大事にし、独創的なワインを市場に出す D.O.として認められている。 Mas Donis、とても飲み易くて美味しい。味わいとは関係なしに、ガルナッチャの 濃いめの赤紫はとても好き。ベリー系、アメリカンチェリーのような甘みと少しの酸で、 バランスもよく、シラーのおかげで重過ぎないガルナッチャに仕上がっていていい感じ。 これが、店頭価格では一本4,50€ほどで買えるんだから、ほんとにすごい。 そうなんだ、バルやレストランで出てくるテーブルワインとか、こういった安価なのに、クオリティの 高いワインに出会うたびに、スペインワインの底力を感じる。 高くて美味しいのは当たり前で、安くて美味しいものを追求するとき、本当の競争力が 生まれるんだと思う。もっともっと出会いたい、スペインワイン! 今日もおいしかった!嬉しい気持ちでいるからこそ、ワインも美味しく感じるもの。 楽しいおしゃべり、ありがとおおお。