DO LA MANCHAの最近のブログ記事

ステキなスペイン風バルが西麻布にあると聞き、懐かしい友人と過ごす
ひと時の場所に選んだ。

「AS」
港区西麻布1-13-6
03-3746-2777

fotos 042

カジュアルにスペイン料理をいただける。
アットホームなホッとする雰囲気。
大きさもちょうどいい。
2007年にオープン。
スペインタパスに固執したわけでなく、洋風料理で小皿料理(タパス)で
美味しいものを提供してくれる。
シェリーやカバ、スペインワインもボトルで色々揃う。
少人数でおしゃべりしながら、ゆっくりとした時間を過ごすのにうってつけの空間。

fotos 037
スペインのビール、クルスカンポで
アワビのガーリック・オリーブオイル揚げをいただく。

fotos 038
新鮮なサラダに熱いオリーブオイル、かりっと揚がったガーリック、などを
その場でかけてくれる。シンプルで、美味しいのだ。

as.jpg
まだまだ色んな小皿料理を楽しめる。

gladium.jpg

名称 : Gladium 2008
品種 : 白 : Airen 100%   赤 : Cencibel (Tempranillo) 100%
産地 : DO La Mancha
生産者 : Bodegas Campos Reales

白赤共にグラスワインはラ・マンチャの「グラディウム」。
ラ・マンチャワインの革新を進める新しい世代の醸造家の一人、ラファエル・カニサレス
がワイン造りを担当するボデガス カンポス・レアレス。
お手頃な価格帯ながらも、かなり評価の高いワインを造り出す、ラ・マンチャ改革の
リーダー的存在のワイナリー。
白も赤も心地よくタパスに寄り添う。

グラスワインの選択肢が少ないのは残念だけど、それでもお手頃で良いワインを
選んでいるのは、やっぱり嬉しい。

この空間をプロデュースされているのが、スパイスワークスの下遠野社長。
外食ビジネスで現在注目されている若手社長さん。
実は私と同い年だって聞いてびっくり。。。
AS だけでなく、あらゆるお肉が手軽に美味しく楽しめる神田ミートセンター、美味しい
お酒と共に鉄板料理を楽しめるさゝや、などなど様々な今までにない外食スペースを
産み出す業(わざ)の方。お料理と建築の二つの業を武器に、世界で一番競争の
激しい日本の外食ビジネス界で起業後、瞬く間に注目される存在に。
まじ、かっこいいっす。。。

4年ぶりに再会したおねぇと、ゆったりとした幸せなひと時を過ごした。