ドイツ ALEMANIAの最近のブログ記事

写真 (52).JPG
「リースリングは冷涼な気候が必須で、加えて気
候や土壌をものすごく反映する品種です。
ワインは飲むタイミングによっていくつもに顔を
変え、非常にダイナミックな品種でそれがリース
リングをテイスティングする難しさでもあります。
化学的見地からしてもあらゆる品種の中でリース
リングが最も複雑で素晴らしく、学者にとっては
たまらない品種です。」

こんなコメントができるのはかなりの学者肌な方、

そう、ラウル・ボベ氏(笑)

リースリングはスペインではなかなか良いものが
できない。でもラウルさんが 1000 m の地で造
るリースリング、別格だ。



写真 (53).JPG

「リースリングという品種に対す
る研究は実に30年前から行われて
いて、ドイツ人らしく非常に深い
研究がされてきています。既に60
種以上のクローンが解されており、
綿密な研究報告が多くされていま
す。テンプラニーリョなどスペイ
ン品種はそういう研究まだまだ不
足してますよ~。」

と目を輝かせて語るラウルさん、笑。



テイスティングしたのは
1. Henschke   Eden Valley (Australia), Julius 2011
2. Pichler F.X. Wachau (Austria)  Federspiel Burgstall 2011
3. Domaine Alice Hartmann, Moselle Luxembourgeoise (Luxembourg)
                   Wormeldange Koeppchen "Les Terrasses" 2011
4. Craggy Range, Martinborough (New-Zealand)  Te Muna 2011
5. Marcel Deiss, Alsace (France), 2010
6. Plantagenet, Great Southern (Australia), 2010
7. Ste Michelle & Dr. Loosen, Columbia Valley (USA)  Eroica 2010
8. Castell d'Encus, Costers del Segre (Spain), Ekam 2010
9. Bassermann-Jordan, Pfalz (Germany)  Forster Freundstück 2008
10. Elena Walch, Alto Adige/Südtiroler (Italy) Castel Ringberg 2008
11. Villa Maria, Marlborough (New-Zealand)  Cellar Selection 2008
12. Markus Molitor, Mosel-Saar-Ruwer (Germany) 
                                Zeltinger Sonnenuhr Spätlese Trocken 2007

リースリングは貴腐を使っているか使っていないか、残糖レベルの違いに
よってスタイルも多様化する。
すごく印象に残ったワインはドイツが揃った。

写真 (71).JPG


名称 : Forster Freundstück 2008
品種 : Riesling 100%
産地 : Pfalz, Germany
生産者 : Bassermann-Jordan

ドイツを代表する生産者バッサーマン・ヨル
ダンのフォルスター村のリースリング。
残糖 15 g/L
ハチミツ、滑らかさ、複雑味、ミネラル、
すごくエレガント。若い時はとても閉じてい
ただろう、5 年経ったからこそのこの素晴ら
しい味わい。とても深い。





写真 (68).JPG

名称 : Zeltinger Sonnenuhr 2007
品種 : Riesling 100%
産地 : Mosel-Saar-Ruwer, Germany
生産者 : Markus Molitor

こちらも非常にリスペクトされている造り手
の一つ、マルクス・モリトール。
貴腐ブドウの一部使用や澱で寝かせることが
主だったこれまでもリースリングのワイン造
りに反旗をひるがえし、テロワールを表現す
ることに集中した造り手。

柑橘系、リンゴ、フローラル、果実の凝縮感、
複雑味、繊細。こういうリースリングはすご
く好き。



写真 (72).JPG


そして、ラウル・ボベさんのリースリング

名称 : Ekam 2010
品種 : Riesling 100%
産地 : Costers del Segre
生産者 : Castell d'Encus

ピレネー前山標高 1000 mの地で造るリース
リング。柑橘など厚みがある味わいで酸がと
ても際立っている。香りの表現は少し控えめ
なのは、この年まで雹害の影響を大きく受け
ているためブドウの成熟に難しさがあったそ
う。でも酸の存在感は素晴らしく長熟のポテ
シャルがすごい。



写真 (58).JPG

それに比べて 2011 はネットを
使った雹害対策により、よりボ
リューミーで、フルーティ、
とのバランスもとれて重心は
2010より低め。

スペインでここまでのリースリ
グは、本当にすごい。

雪深い厳しい環境で栽培される。




ニューワールドのワインは、酸度、pH、残糖のデータ上でのバランス、完成度の
高さを追及してキッチンで料理をするような感じで造っているのが多いよう。
そして確かにぺトロール香をニューワールドのワインに感じやすい。

「ブドウの果皮に生成されたカロチノイドの分解によって生じる TDN という
物質がぺトロール香の正体ですが、ブドウの成熟レベルが高くて果皮が厚い、
水ストレスが高い乾燥した産地、温暖な向きの畑などは濃度が上がる条件と
なるためです。」
とラウルさん。

写真 (60).JPG

ラウルさんが依頼したリースリン
グコレクションはスペインでは手
に入らない代物ばかりで(笑)
モンビニのイサベルさんが世界中
からこの日のために集めてくれた
ものばかり。
本当に面白いリースリングの旅
だった。

ところで、ヴィノテーク誌など様々
なメディアにドイツワインを主に
寄稿されているワインライターさ
ん北嶋裕さんのリースリング考、非
常に興味深いので関心ありました
ら、是非。


 

人生はいつも新しいこと、驚きに満ちていて、あまりに刺激的すぎて、体の中から
なんともいえない熱い気持ちが湧き上がってくることがある。

今回のカン・ペペ食事会がそうだった。
ぺぺちゃん、プロヴァインに行ったついでに、すんばらしいドイツワインたちを
持ち帰ってきてくれた。

ドイツワインは、まだまだ飲んだ数も少なく、出会ったことのないワインがたくさん。
それに合わせて用意してくれたのが、だしが「フォンデュシノワ」 (by ぺぺちゃん)風の
「イベリコ豚のしゃぶしゃぶ」でした!

ぺぺちゃんのお料理はいつも本当に色んな配慮がされていて、とっても器用で繊細な手を
持ってるのが伝わってくるものばかり。しかも、世界中の様々な国の調理法を駆使するので、
私にはちんぷんかんぷんが多いのだけど、それだけ、美味しさ、深さに広がりがあって、
様々な融合に驚きがあって、大好きなのだ。

CanPepe_07042010 010

お料理の説明はぺぺちゃんに任せませう。(Mixi日記から無断コピー、ごめんなさい!)

「説明すると、意識したのはフォンデュシノワですわ。ま、スイスのしゃぶしゃぶ料理って
感じで。鍋だし用にフォンブラン(仔牛の骨、 鶏がら、香味野菜で5時間煮出しただし)を
とって、野菜は根菜 中心でカリフラワー、ブロッコリー、人参、ごぼう、白アスパラガス、
アーティチョーク、エリンギ、ポワローを下処理したものを フォンブランでさっと火を通して
食べてもらう趣向。たれは ポン酢と黒胡麻だれ、マスタードマヨネーズとフルールドセル。
で、最後に柚子胡椒を効かせたおじやにして、自家製の漬物、佃煮と一緒にどうぞって感じ。
ちなみに頂き物のイベリコ豚は、熟成ロースと熟成肩ロース。 3週間熟成してあるものだから、
たださえイベリコなのに さらに奥行きの深い味わいで、半端なくうまい!!」

CanPepe_07042010 003
イベリコ豚商の兄貴がお肉を提供してくださったおかげで、こんな美味しいしゃぶしゃぶは
食べたことがないんじゃないか、って思うくらい美味しかった!

いやぁ、絹のように脂肪がさらっさら。。。その脂肪と共にロース肉のうまみが深い味わいと
共に喉を通っていって。。ぺぺちゃんのフォンブランとそれがまた合う合う。。
お野菜も最高で、絶妙な融合に大感動。。

そしてドイツワインも、こっちだとなかなか一度に拝むことのできない面々がずらっと。。

aleman2.jpg

この白たち。。。オーストリーとドイツ、グリューナー・フェルトリナー、シルヴァネール、
リースリング、どれもほんとに素晴らしくて、その土地、品種を上手に表現している良い例を
いただけたわけで。

一番刺激的だったのはシュペートブルグンダー。

CanPepe_07042010 019

名称 : Spätburgunder Trocken Malterdinger Bienenberg >> GG << 2005
品種 : Spätburgunder 100%
産地 : VDP GG, Baden
生産者 : Bernhard Huber Weingut

バーデン、初めて。バーデンの赤、初めて。
GGが「グローセス・ゲヴェックス」のことだというのを試験の時に勉強したのをおぼろげに
覚えているだけぐらいな知識。

初めて出会ったピノの味。
多分様々な産地の特徴を通り越して、この生産者にしか造り得ない独特の味わいなのだと
感じる。
軽さと重さ、酸と果実の甘み、酸の強い果実と熟した甘い果実、シンプルさと複雑さ、
そうした相反する要素が見事に共存している感覚が、とても刺激的で。飲んだ後、時間が
経ってもじわじわと感じられて、初めての感覚。ブルゴーニュでもない、オレゴンでもない、
もちろんスペインでもなく。

樹齢40年前後のブドウで新樽を使って2年間熟成。
よく熟したチェリー系、カシス、すごい凝縮感。芳醇。
全くもって新しいピノの味わいだった。
しなやか、かつ重みのあるボディと複雑感のある味わい。

日本にフランスにドイツに、色んな融合のお料理とワイン。
すんばらしいハーモニーで、熱いものがこみ上げた一夜だった。

ぺぺちゃんにはほんま、感謝。。。
兄貴に感謝。。
興味を共有してくれる仲間に感謝。

6月中旬のベルギーの旅。第三弾はゲントから。

ブリュッセルから西に約50km、電車で1時間弱、ゲントという街に来た。
友達の働く会社のゲント支社の同僚のヒルデちゃんがお家に泊めてくれて、街を案内してくれた。

ゲントについて前知識が全くなかった私。中心地に着いてびっくりした、あまりの美しさに。
中世以来、芸術や産業が大きく発展した街で、「聖バーフ大聖堂」「鐘楼」「聖ニコラス教会」など歴史
ある建物が並ぶという。16世紀の神聖ローマ皇帝カール5世も、この地で生誕し、彼の庇護の下に黄金
時代を迎えたこの街は、ブルージュと並ぶ北方ルネサンス発祥の地でもある。現代と中世が美しく調和
した人口25万人の「花の都」。
なんていうのか、小さな運河が流れていて、その運河沿いに中世の建物が整然と並んでいる、と言う
だけでは言い表せない美しさがあって。街中の全体的な色の統一感、清潔感、お伽の国に迷い込んだ
ような現世離れした中世の赴き、特に月夜の幻想的な雰囲気、息を呑むほどの光景だった。

gnt_lei.jpg

無題2
注) イメージです。街に繰り出した時、カメラを忘れた私達。ゲントの写真は一枚もなし。。とほ。。

美味しいベルギービールと夢の中にいるような雰囲気、ヒルデちゃんが連れていってくれた面白い
バルなど、ほんとに楽しい夜だった。

P1020798.jpg
ヒルデちゃんの家で、飼っている犬、アッコ。スイスのセントバーナード犬に似ている種なのだそうだ。
でっかくて、人を見ると人なつこく飛びついてきて、倒されそうになる(笑)。ちょーーーーーかわいい。。

翌朝は、ゲントで有名というフラワーマーケットへ。

P1020814.jpg
珍しいお花がたくさん、キレイだ。

美しいもの鑑賞の後には、やっぱり私たちには欠かせない美味しいもの!
なーんて暢気に思っていたら、突然やってきた大雨!晴れていたのに、突然ものすごい速さで黒雲が空を
覆い隠し、バケツをひっくり返したような雨!そして、店の軒先で雨宿りをしていたら雹まで降ってきた!

それでも、帰途につく3時間前の私たちにお天気も味方してくれ、大雨もあっという間にやんだ。

P1020833.jpg
そしてフラワーマーケットの近くの小さなスタンドで最後の酒盛りを。ミニミニなスタンドだ!

P1020836.jpg
名称 : Rheinisher Landwein Trocken
産地 : Rheinisher Landwein
生産者 : Augustus Weinkellerei GmbH

芳しいフローラルな香りに、爽やかで魚介のおつまみに最高な白。ミュラー・トゥルガウあたりかな、酸と
甘味のバランスがすごく良くて、ごくごくいけた。

P1020823.jpg
さすが魚介系タパスが豊富ですね、ベルギー。
生ガキ、海老のタルタルソースやサーモンをパンに乗せて。
私達が一番気に入った、オランダの塩漬けニシン(Hollandse Maatjes)!(写真右手前)
初めて食べただけに更に感激!
今が旬だってお店のおじさんが言ってたから食べないわけにはいかない。イギリス、カナダなどでも食され
るというが、この食品が生まれたのはオランダ。脂がたっぷりのった、ニシンの繁殖期前の5月末から
7月初旬にかけてニシン漁が行われ、ニシンを塩漬けにして玉ねぎで和えたもの。レッドペッパーも少し
かかって、塩辛すぎないとてもマイルドな塩味とニシンの味がマッチ。
美味しすぎてもう一皿、おかわり。。

ヒルデちゃんの友達も加わって束の間の楽しい、美味しい時間。
あっという間に時は過ぎ、あれよあれよと空港へ。
最後のベルギービールも忘れずに、1泊2日というものすごい短さだったけど、温かい再会・出会い、
楽しい、美味しい思い出がたくさんできたベルギーだった。
友達よ、感謝である。

最終回は、ベルギーワインで締めますっ!(ってまだ続くのか、、古新聞?すいません。。)

バレンタイン、うちの毎年恒例チョコはチョコをコーティングした苺たち。
毎年同じものを作って芸も何もないのだけど、フルーツにチョコとこのコンビネーションは甘すぎず、
ほんとに美味しい。プレゼントしても、旦那と子供の横で私もついつい手が出る。

20080215054810.jpg

今年は、アイスワインと合わせてみた。
実はアイスワインを飲んだのはこれが初めて。デザートワインはあまり好まないため、あまり手が出ない。
でも以前、ドイツ出張で購入してきたアイスワインが一本あったので、いい機会だ!ってなわけで。

アイスワインは、ドイツ、オーストリア、カナダの寒い地域でつくられる。
収穫時期は秋ではなく真冬の極寒の早朝。凍結と解凍を何度も繰り返して、ぶどうは少しずつ水分を失い、ぶどう本来の甘みと芳醇な香りをまとった果汁が実の中に凝縮される。氷点下を有に下回った早朝、自然に凍ったぶどうを手摘みうぃ、そのまま圧搾される。ぶどうの中のわずかな水分は凍ったままで、氷点下でも凍らない甘みと香りの凝縮された果汁だけが絞られ、通常のワインよりおよそ8倍をかけ発酵させ、アイスワインができあがる。
極寒での過酷な作業、凍ったぶどうからは通常のぶどうの8分の1程度の果汁しか搾ることができないことなど、なるほどそれだけ希少性の高い高級なワインなんだなぁ。

今回いただいたのは、ドイツ、ラインヘッセンのアイスワイン。

色 : 甘口白
名称 : Eiswein Nachtgold Edelsüss
品種 : シルバナー、リースリング、フクセルレーべ、オプティマ
産地 : ドイツ QmP ラインヘッセン
生産者 : Peter Mertes GmbH & Co

20080215054929.jpg

「夜に輝く金色の雫」という意味のアイスワイン。
あのね、美味しい。メロンや桃などの芳醇な香りがまたたく間に飛び出す。甘すぎず、とても滑らか。希少性があるだけに、20ユーロ代は当たり前のアイスワインなのに、これは、7ユーロと、びっくりなコストパフォーマンス。ミネラル感もあって、価格がワンランクもツーランクも上のアイスワインにもひけをとらない、とドイツ国内でも評価が高いという。ドイツのスーパーで見て、「こんな安くて大丈夫なのかしらん、ほんとに美味しいのかなぁ」って半信半疑で買ったけど、いやぁ、楽しめた。苺にちょこをたっぷり付けたから、苺の自然の酸っぱさもあまり気にならず、アイスワインとも合った。

ひとつ勘違いしていた。甘口ワインはみんな、アイスワインにしても貴腐にしてもぶどうを完熟させて糖度を上げるため、アルコール度もスティルワインより高いのだと思っていた。必ずしもそうじゃないんだ。このアイスワインは9,5%。

このコスパのステキなアイスワインはもちろん日本にも入っていて、ネット販売を見ていたら、同じものがショップによって2,000円から5,000円の格差があったことには驚いた。

こうやって寒い冬の夜、暖かいおうちで、美味しいワインを楽しめるのは幸せだ。

仕事でワインの売り込みにドイツ出張へ。 社長やらスペイン人2人と日本人の私の3人で、珍道中。 MunsterからStuttgartまでの500kmを縦断しながら、3社と折衝。 ヨーロッパでもワインの輸入量No.1の国、ドイツ。 フランス、イタリアワインがまだまだ需要の中心を占める中、スペインワインも 少しずつ人気を高めつつある。クオリティ、コストに自信はあっても、競うべき ワインが無数にある市場。ブランド名、国際的評価がものを言う市場。 本当に厳しいんだってことを改めて実感。 更に、ドイツワインもやっぱり素晴らしい。ケルン以南、フランクフルト周辺を含む ドイツ南西部を中心とするワイン産地で造られるワイン、特に白は素晴らしい。 ビールも美味しいドイツ、でも、外来ワインを中心とするワイン雑誌も多く発行されており、 外来ワインを含め、ワイン文化は確実に根付いていると感じた。Munsterはドイツ北部で、ワイン 産地の北限より北のため、ワインは生産されていないが、レストランや至るところでワインは飲まれている。 途中立ち寄ったスーパーで購入したPfalz地域の白。 色 : 白 名称 : Forster Ungeheuer Riesling Kabinett Trocken 2006 品種 : Riesling 産地 : ドイツ Pfalz地域 生産者 : Forster Winzerverein EG http://www.forsterwinzer.de/ 20071119012318.jpg ※ 写真は2005だけど、いただいたのは2006。 4,80ユーロという安価で、すごく満足できる味わい。リースリング特有の桃、ライチ、 また花のようなとても豊かな芳香。どの品種にもないこの魅惑的な芳香はやっぱりすごい。。 Kabinettのため、ブドウそのももののエレガントな味わいが楽しめ、心地よい酸みもあり、 ドライで本当に飲みやすい。そんなコストパフォーマンスのワインが棚中並んでいる のだから、ドイツの底力を感じる。 よし、これからも頑張るぞ!