モンサンワイン発見!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

caterina.jpg

バルセロナ中心部にある 2 大市場の1つサンタ・カテリーナ市場。

自然の光が入り解放感のある雰囲気の市場、

上空から見たらこれがまたすっごくステキで。

 

DSC02768.JPG

 

 

 

その市場の前でこの土曜日、モン

ンのワイン祭りが開催された。

DOが認定されて今年が10周年な

だそうで、その記念にモンサンの

ンをもっと知ってもらう主旨で

開催された。

 

 

 

 

 

 

 

 

DOMontsant_plano.jpgスペイン北東部カタルーニャ州、バルセロナから南西に150kmほど行った山間の産地が

モンサン。銘醸地として知られるプリオラートが真ん中にあって、その周りを囲むよう

してあるのがこのモンサン。

主要品種は、ガルナッチャ、カリニェナ、ガルナッチャ・ブランカと同じ。

では何が違うか。

 

モンサン             プリオラート

降雨量    500 600 mm            500 600 mm

気候   地中海性、山脈が走っている    地中海性、温暖で乾燥

     ため大陸性気候の影響も      夏はほとんど雨が降らない

     海からの湿った風が吹き込む

土壌   主に石灰質を含む丸い小石が多い  リコレリャ(粘板岩)

     土壌、その他、花崗岩質、     わずかに粘土質

     リコレリャ(粘板岩)

畑    平地から緩やかな斜面、急な    急な斜面、段々畑

     斜面など様々

DO    2000年より            1954年より(2000年よりDOQ

価格   プリオラートより安い       高い

 

隣合わせでも環境は異なる。

特に赤ワインについて、質の歴史を見てもプリオラートの方が早く取り組んでおり、

世界でも珍しいリコレリャ(粘板岩)土壌で知られるプリオラートでは、石のような

ミネラルが豊かに感じられ、長熟のポテンシャルが高く、よりしっかりしたストラク

チャー赤ワイン。それに対してモンサンの赤は、果実味がより感じられ、余韻もプリ

オラートほど長くないものが多い。

それでも情熱を持った若い醸造家たちも多く、質の向上は目覚ましく、多様な土壌、

プリオラート同様古い樹齢の畑も多くあり、低収量で素晴らしいワインを造る造り

手も出てきている。

 

DSC02766.JPG

 

名称 : Dido "La Universal" 2009
品種 : Macabeo

     Garnacha Blanca

     Xarel.lo
産地 : DO Montsant
生産者 : Venus La Universal

 

プリオラートの改革家「4人組」の

1人ホセ・ルイス・ぺレス氏の娘サ

ラ・ぺレスが旦那のルネ・バルビ

エとモンサンで造るワイン

「ディド」。

花崗岩質で有機質に乏しく痩せた土

壌の 4 haの畑でブドウを栽培。

 

 

 

99年から始めたプロジェクトで当初はまだ樹齢が若すぎたため、契約畑からブドウを

購入していたけど、今は自社畑のブドウで造り始めたみたい。有機栽培で、野生酵母で

醸造、SO2もボトリングの際にほんの少量添加する程度。

かなり前飲んだ時よりピュアさがあってすごく良かった。

サラさんは、ほんとに素晴らしい醸造家だと思う。

 

DSC02767.JPG

 

名称 : Vi Novell 2011
品種 : Garnacha, Cariñena,

     Cabernet Sauvignon, Syrah
産地 : DO Montsant
生産者 : Celler El Masroig

 

こんなかわいい豚さんのラベルも。新酒と

して、スペインの解禁日1111日から1

頃までの期間限定で販売するワインだそう

で、スペインでこうやてヌーボーを打ち出

すワインというのもなかなか珍しい。

解禁日の1111日もスペインはかなりアバ

ウトだと思うし、笑。

 

 

 

 

 

 

 

DSC02764.JPG

 

名称Trossos tinto 2009

品種 : Garnacha 100%
産地 : DO Montsant
生産者 : Portal del Priorat

 

今日のピカイチの赤。

建築家アルフレード・アリーバス

氏が2007を初ビンテージとして造

る希少赤。

マグナムで300本、750mlでも

1000本ちょっと。

セレクシオン・マッサールでフィロ

キセラ以前の自根の古いブドウ樹か

ら株を増やし最良質のブドウのみで

造るガルナッチャ。

フレンチオーク樽で12か月熟成。

 

色が淡く、ピノ的な香りで、味わいは凝縮度があって素晴らしい。

 

ローマ字の「C」という形の産地で、北から南と距離もあり、土壌も気候も多様で、

これからも様々なスタイルの良いワインが造られていくのでは、と楽しみな産地だ。

 

サンタ・カテリーナ市場はいつ来ても楽しい♪

家の近くにあったらもっと料理する意欲が湧くんだけど、笑。

美味しいチーズを購入しておうちでモンサンワインと楽しもう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.vivaspain.es/mt/mt-tb.cgi/366

コメント(2)

ブログ、興味深く拝見しております。バルセロナに住んで2年になろうとしておりますが、中々、ワインの見分けが分からず、ショップでいつも悩んでおります。
毎日飲むワインなので安くて美味しくて・・・を求めて、失敗も数知れず・・・。
こちらのブログで勉強させていただいてます。これからも頑張って下さい!

>ぱんちゃんさん、コメントありがとうございました。そしてお返事が遅くなってしまってごめんなさい!こんな感じでボチボチブログアップしております。恐縮です。。。安くて美味しい、これが一番ですよね!失敗を重ねるからこそ多様性を知って本当に満足するものに出会えるのがワインの魅力?だと思います、笑。ありがとうございます!ワイン、楽しんでいきましょう!

コメントする