断固許せない!ワイナリーの破壊行為 -テロワール・アル・リミット-

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

やっとぐずぐずのお天気が終わってぴーかんの太陽が降り注ぎ、子供たちは夏休みが始まり、

周りはうきうき気分が高揚してきた今週、ワイン業界では恐ろしいニュースから始まった。。

 

前ブログで綴ったプリオラートワイン会でも書いた素晴らしいワインを造る

テロワール・アル・リミット

そのワイナリーが、先週、襲撃されてしまったのだ。

 

ワイン造りは実はきらびやかな仕事ではない。ブドウ栽培という百姓仕事が大部分にある。

厳しい寒さ、暑さ、色んな予期せぬ天災と向き合って、そして同時に自然の恩恵を享受しな

がらワイン造りに励む。その努力は並大抵のものではない。

その自然と正直に向き合って、自然を尊重し、生態系を熟知し、人の手をほとんど加われず

造られるワイン。それがテロワール・アル・リミット。

 

一ワインファンとして、この造り手、ワインに出会えたことに心底感謝している。

 

ドミニク・フーバー、イーベン・セイディ、ジャウマ・サバテ

 

純朴な彼ら。

飾らない彼ら。

働き者な彼ら。

 

そんな彼らが、人間の脅威とも対峙しなくてはならなくなったのが悔しくてならない。

 

プリオラートの二次改革を一気に押し上げた最も注目される造り手。短期間で世界的な

注目を集めるようになった彼らに対する嫉妬だったのか、異端児的なスタイルが面白く

なかったのか、動機はわからないが、どんな動機でも許される行為ではない。

彼らが汗水垂らした努力の結晶、自然からの賜物を何のためらいもなく破壊できる

神経は非人道的すぎる。

 

イギリスのワイン評論家ジャンシス・ロビンソン女史のブログでも、ワイナリーからの

公式声明と共に載っている。

 

ボルドーでも収量制限を提案したシャトーの畑に夜中に何者かに襲われ、全ての新芽を

とられてしまったり、DRCは畑に毒薬を撒くという脅しがあったりという事件も記憶に

新しいけど、同業者の間で足の引っ張り合いをしても何の得にもならないし、行為自体

許されることではない。

 

こんな大変な状況でも7月の来日は「絶対行くよ!」と力強く言ってくれているドミニク。

 

大好きな造り手のワイン、彼らのワインを買って楽しむことでどこまでも応援したいと思う。

 

(公式声明)

Torroja del Priorat, 16 de Junio 2011

Declaración oficial y nota de prensa

 

Durante la noche del pasado 13 de junio de 2011, en la villa de Torroja del Priorat,

España, ha tenido lugar un hecho escalofriante e impensable en la bodega de

Terroir al Límit.

La cerradura de la bodega fue forzada y se produjo en ella un acto de terrible

vandalismo. Los tapones de algunos depósitos fueron abiertos y el vino, derramado

por el suelo. El contenido de muchas de las barricas de la bodega resultó

contaminado y, en consecuencia, irremediablemente dañado por la introducción de

jabón industrial.

 

Los propietarios de Terroir al Límit, Dominik Huber, Eben Sadie y Jaume Sabaté,

condenan enérgicamente este acto inexplicable. No se trata tan sólo de un asalto

directo y dramático contra una forma de entender la vida, sino casi de un ataque

contra la naturaleza misma del ser humano, además de un crimen de dimensiones

inimaginables. ¿Nos encontramos ante un acto de xenofobia, de odio o de puro

vandalismo? No hay razón evidente que se nos ocurra y, por supuesto, nadie ha

admitido responsabilidad alguna o culpabilidad por este cobarde acto de destrucción.

 

El caso está siendo investigado por los Mossos d'Esquadra (policía autonómica

catalana) y por las autoridades locales. La Denominación de Origen Calificada

Priorat ofrecerá su propia declaración (PENDIENTE DE CONFIRMACIÓN).

El suceso ha sido explicado a la Generalitat de Catalunya (INCAVI, Institut Català de

la Vinya i del Vi), cuyos laboratorios en Reus (en la Estación de viticultura y

enología), analizarán todos los vinos de la bodega. Aquellos vinos que hayan

resultado contaminados por culpa de la acción vandálica (probablemente más del

25% de los conservados en barricas) serán eliminados siguiendo los consejos del

INCAVI (PENDIENTE DE CONFIRMACIÓN).

 

Terroir al Límit fue creado en 2004 a partir de la unión de dos vinos: Dits del Terra

de Eben Sadie, y Arbossar de Dominik Huber, con el apoyo del viticultor Jaume

Sabaté. Con rapidez se convirtió en una de las bodegas más respetadas y

apreciadas en España, con reconocimientos nacionales e internacionales.

Las tres personas responsables de los viñedos y de sus vinos, con tanta intensidad

como declaran su conmoción por este acto odioso y falto de sentido, quieren

manifestar su determinación para continuar el proyecto. Al mismo tiempo, muestran

su agradecimiento público a cuantas personas les han dado su apoyo incondicional

desde el momento en que han conocido este acto sin sentido.

 

Dominik Huber       Eben Sadie        Jaume Sabaté

 

 

terroirallimit.jpg

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.vivaspain.es/mt/mt-tb.cgi/357

コメント(6)

悲しい。許せないね。

>Ryokoちん、本当に。。。涙。

Yuko~!
この前はタブラオに来てくれてありがとう!
1ワインファンとして、この造り手、ワインに出会えたことに心底感謝している~なんてゆうこちんが言うくらいだから、ほんとこのワイナリーは凄いんだね!日本でもいっぱい宣伝できるといいね!私も応援してます!

全く許せないことですし、とても怖いことだと思います。ブドウは1年で1回しか収穫できなく、しかもビンテージは二度ともどらない!
スペインワインのレベル向上にどれだけ貢献していることかはかり知れません。

>Kayoko~!
まじまじ、やばいワイナリーだよっ!
Kayokoのスンバらしいパフォーマンスで私も
パワーもらって、このワイナリーや他の造り手
東京で応援するのだ!!
頑張るぜっ!!

>たむらさん、コメントありがとうございます~。
本当にそうですよね。。。
幸い100%全部ダメージを受けた訳ではなく
一部だけだったみたいで、せめてものです。。
そう考えるしかないです。。。
犯人がどこかの造り手だとしたら、ほんとワインを
造る資格ないです。。

コメントする