アラン・グライヨとその仲間たち

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

 

DSC00345.JPGクローズ・エルミタージュの巨匠

 

アラン・グライヨ氏

 

によるワイン会が私の大好きな

ワインバー「Monvinic」で行われ、

参加することができた。

題して「アラン・グライヨ氏、大好きな

ワインたち、友達のワインたち」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 AlainGraillot_3.jpg試飲したワインたち

 

Serras del Priorat 2009, Clos Figueras, DOC Priorat, SPAIN

Tandem Syrah 2008, Domaine des Ouleb Thaleb, MOROCCO

Petalos del Bierzo 2007, Descendientes de Jose Palacios, DO Bierzo, SPAIN

Crozes Hermitage La Guiraude 2009, Allain Graillot, AOC Crozes Hermitage, FRANCE

Crozes Hermitage La Guiraude 1999, Allain Graillot, AOC Crozes Hermitage, FRANCE

Crozes Hermitage La Guiraude 1990, Allain Graillot, AOC Crozes Hermitage, FRANCE

Vega Sicilia Único 1996, Vega Sicilia, DO Ribera del Duero, SPAIN

Grand Cru Clos de la Roche 1999, Domaine Dujac, Morey-Saint-Denis,

                                                            Grand Cru Clos de la Roche, FRANCE

Orto 2008, Orto, DO Veneto, ITALY

Silex 2005, Domaine Didier Dagueneau, AOC Pouilly-Fume, FRANCE

Nuits Saint Georges 1er Cru Clos de l'Arlot 2007, Domaine de l'Arlot,

                             AOC Nuits-Saint-Goerges, 1er Cru Clos de l'Arlot, FRANCE

Grand Cru Clos St Hune 1996, Trimbach, AOC Alsace, FRANCE

 

と、蒼々たるラインナップだったということより何より、アラン氏の人柄に接しながら彼の

ワインや友達のワインを楽しむことができたことに感銘を受けた会だった。

 

ワイン造りの仕事でその昔チリに住んでいたことがあるというアラン氏、流暢なスペイン語で、

その話し方からアラン氏の温かい人柄、ワインに対する真剣さ、素朴さが、そしてその人柄

こその深い友情、絆、そういうのがすごく感じられ、ワインを2倍も3倍も楽しむことができた。

 

DSC00338.JPGローヌ出身のアラン氏、

農薬メーカーに勤務して

た頃ワイナリーとのつなが

りが多く、ワインに魅了さ

れ、1985年にドメーヌ・

アラン・グライヨを設立。

「自然に任せて、自分は

できるだけ何もしない。

切なことは観察すること。」

今でも変わらぬワイン造り

を続けるアラン氏。

アラン氏は100%のブド

ウを除梗せずに醸造する。

天候、環境に助けられては

いても、除梗しなくても

ランスの取れたワインに仕

上がるよう、収穫のタイミ

ング、醸造方法を工夫して

いる。

 

(プロジェクターの画面は息子さんと)

 

 

AlainGraillot_4.jpgアラン氏の「ラ・ギロード」の3つのビンテージをいただいた。その中で感銘を受けたのは1990

 

名称 : Crozes Hermitage La Guiraude 1990
品種 : Syrah 100%
産地
: AOC Crozes Hermitage
生産者 : Allain Graillot

 

何とも言えない細さ、でも素晴らしい複雑味があって、果実もまだイキイキ感じられ、酸も素晴ら

しくまだ良く熟成するだろうと思わせてくれる。1999よりポテンシャルある感じ。素晴らしく繊

細なバランスにノックアウト。。

 

2009 2週間前に瓶詰めしたばかりだそうだ。シラーは果実をすごく感じさせる品種だから熟

成は一年とのこと。228リットルの樽で、新樽比率5%。2009はグレートビンテージ。

1520年は長熟するだろう、とアラン氏。エルミタージュもクローズ・エルミタージュもローサ

ンヌ、マルサンヌの白ブドウを少しブレンドしても良い規定だけど、最近はみんなシラー100%で

造る傾向があるそうだ。3つのビンテージに共通するのは幅はそんなに広くなくて、細くすーっと

入って、とても深い。。スミレなんだけど、朝、朝露に濡れたスミレを感じるようなみずみずし

さがある。

 

やっぱりワインに大事な要素は何よりも「人」だ!と改めて実感したひと時。

アラン氏を見ていてなんか、そう感じた。

同じ環境で同じ畑の同じブドウで同じ醸造方法で2人の人がワインを造ったとしても、絶対同じ

ワインにはならないんだろうな、と。

 

AlainGraillot.jpgこんな風に友人を一人一人紹介しながらワインを説明しくれて。

  

Serras del Priorat, Tandem Syrah, Orto はアラン氏がそれぞれの地にいる友人に協力し、

コンサルとしてワイン造りに携わったもの。プリオラートの「Serras del Priorat」など、

なぜか少しフランスっぽい感じがするのだから不思議。モロッコの「Tandem」もさすが

アラン氏!と感じる大変興味深いシラー。

ビエルソの赤Petalos、リベラ・デル・ドゥエロのVega Sicilia Unicoはアラン氏が大好きな

スタイルだ、と紹介してくれ、Dujac, Silex, l'Arlo, Trimbachはアラン氏の数十年来の友人

たちが造る大好きなワインたち、と紹介してくれた。

ドゥジャックはその繊細さ、しなやかさ、緻密さに惚れ惚れ。。ウニコの風格はやはりただ

ものではなく、ディディエ・ダギュノーのシレックスは個性あふれ奥行きのある深いソー

ヴィニョン・ブラン、とにかく全てのワインが至福だった~。。

 

実際のところ、ワイン造りを始めた頃、ドゥジャックのジャック・セイス氏から除梗しない

醸造を学んだのだそうだ。

 

世界中を回ってフライングメーカーとして活躍するのではなく、親しい友達がいる所で縁が

あったらお手伝いしたい、それが自分のやりたいこと。人情味溢れる素朴な方。

 

エルミタージュでも2樽分のワインを造っているのだそうだ。

入手できるワインなのか、という問いに「シークレットワインなんだ」と微笑んでいた。

大切な友達や家族などと共に楽しむんだろうな。。

 

一発でアラン氏のファンになってしまった。。

アラン氏に会いにいつか絶対ワイナリーに行きたい!!

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.vivaspain.es/mt/mt-tb.cgi/349

コメント(4)

う~ん、恐るべしmonvinic。俺もアラングライヨ大好きよ。

SILEXってどんな感じじゃった??ずっと飲みたくて手が出ないワイン。ソービニョンにこんなに払えるかって(笑)

エルミタージュか、殆ど吞んだ事が無いなぁ。
シラー系は年に数杯程度しかな吞む事が無いです、私は。
デュジャックのクロ・ド・ラ・ラッシュ99かぁ、凄いなぁ。吞んでみたいすっ。

おぉ、遅れてしまった、ごめん、ぺぺ。
レシンっぽい香りが立ってて、ソーヴィニョン・ブランって
わからない感じ。柑橘系、ハーブ系、フレッシュ感はある
けど、酸がちょっと暴れてる感じで、アルコール感も少し
あったりで、もっと熟成すると素晴らしい白になるのかな、
って感じだった。
下手な説明ですんまそん。
君のご家族やご親戚、友達などは大丈夫だったかい?

>眠狂四郎さん、お返事遅れてすみません!
私もローヌのシラー、飲む機会は限られるのですが、
アラン氏のは感激でした!
ドゥジャックもお初でした。。う、旨かったっす。。。
法悦に浸りました。。。

コメントする