「エルミタ・デル・コンデ」 カスティーリャ・イ・レオン注目の造り手

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

スペイン北西部、リベラ・デル・ドゥエロ、ルエダ、トロ、シガラスなどのDOを覆うように
広大に広がる VdT カスティーリャ・イ・レオン。
主にテンプラニーリョを使用、その土地それぞれの個性を表現するワインが多く造られる
土地で、新たな生産者が現れた。
アランダ・デ・ドゥエロに近いコルーニャ・デル・コンデ村に位置する
「エルミタ・デル・コンデ」だ。

bodega.jpg

2006年に実業家マルタ・ゴメンディオ女史によって創業されたワイナリーで、標高900mに
ある石灰質土壌の樹齢100年以上のブドウ畑を発掘し、良質のブドウでワインを造る。
大陸性気候、昼夜の温度差が大きく、風が吹く地域で、複雑さ、繊細さのある、健康的な
ブドウができる。

vina.jpg

古い樹齢のブドウで、酸度も高く、長熟のポテンシャルのあるワインができる。12 ha の
畑で、徹底的な品質管理、収穫は100%手摘みで実施、近代設備でブドウ本来のクオリティを
表現するワインを造る。
テンプラニーリョ、カベルネ・ソーヴィニョン、メルロ、アルビーリョという白ブドウ品種などを栽培。

sulpiciablanco.jpg

名称 : Viña Sulpicia Albillo 2008
品種 : Albillo 100%
産地 : VdT Castilla y León
生産者 : Ermita del Conde

興味深いのが、アルビーリョというブドウ100%の白!
アルマンサ、カナリア諸島、マンチュエラ、リベラ・デル・ドゥエロ、リオハ、トロ、マドリッド
などで栽培されるブドウで、スペイン国外にはほとんど存在しないようだ。リベラ・デル・ドゥエロ
では昔からブレンド用に使用していたものの、モノバリエタルでワインを造ることはなく、この
生産者は、樹齢100年以上のブドウ樹で、収量を2000 kg / ha以下に抑え、良質なブドウから造る
ことで、ふくよかさのある上品な白を造りあげた。
個性的な品種で、パイナップル、グレープフルーツ、ハチミツなどの香り、コクがあって、
アルコールと酸のバランスの取れた上品な白だ。

vinasulpiciatinto.jpg

名称 : Viña Sulpicia 2008
品種 : Tempranillo 100%
産地 : VdT Castilla y León
生産者 : Ermita del Conde

選果後、除梗、低温浸漬、発酵後、アメリカンオーク新樽でMLF、4ヶ月熟成。
デイリーに心地よく楽しめる赤に仕上がっている。

「スルピシア」という名前は、古代ローマ人がこの地を支配していた時に存在したという
居住地の名前から取ったとのこと。
その時代には既にワイン用ブドウ栽培がされていたという記録があるというから、本当に
長い長い歴史を持つ土地なのだ。

ermitadelconde.jpg

名称 : Ermita del Conde 2006
品種 : Tempranillo 95%, Merlot 5%
産地 : VdT Castilla y León
生産者 : Ermita del Conde

テンプラニーリョ主体の上級キュヴェ。フレンチオーク樽で熟成14ヶ月。
熟果実、ハーブの香り、樽のまろやかさ、ミネラリーさがストレートに語りかけてくる。
熟したタンニン、とても味わい深い。

この赤、初ビンテージ 2006で既にスペインの最も権威あるワインガイド「ペニンガイド」で
92点を獲得、価格・品質と競争力のあるワインを造り、高い評価を得ている。

まだまだ知らないお宝ワイン、たくさんあるなぁ。。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.vivaspain.es/mt/mt-tb.cgi/310

コメント(8)

TITLE:
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
ほんと、スペインはこれからもよいワインを造る生産者がどんどん現れるでしょうね。

次回赤ワイン会の料理内容、ぼんやりと出来上がってきました。また、水曜に。

TITLE:
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
>pepeちゃん、ほんとに。
これからもどんどん発掘して楽しんでいこうねぇ〜。
お料理、楽しみにしてまっす。
それに合わせて赤、考えよう。

TITLE:
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
アルビーリョというブドウは、初めて聞きました。

アルバニーリョ(ジョ)とは、近縁なんですか?それとも全然別の種類?お味も違う??


フランスでも、ミュスカとミュスカデやミュスカデルは、全く別物ですしネ。

TITLE:
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
パコ・イ・ロラの時にはやられましたからね。あの美味しさに。これ是非購入してみます。
風味の豊かさは素晴らしい物がありすよね。ただ、あまり出回っていないのが困った点ですね。好きな葡萄の品種になりそうです。
ビニャ・スルピシア・アルビーリョ、楽しみです。

TITLE:
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
>やあこぷさん、アルビーリョのシノニムはAlbilla, Albillo,
Albillo de Cebreros, Albillo de Madrid, Albillo de Toro,
Albillo Castellano, Blanco del País, Castellano, Gual,
Hoja Vuelta, Nieves Temprano, Pardillo, Pardina y Uva Perruna.など。
アルバリーニョとは全く違う品種のようですよ。
お味も違います。
ベルデホ、ゴデージョのほうに少し似ていると思います。
色んな品種がありますよねぇ。

TITLE:
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
>眠狂四郎さん、ありがとうございます!
今度はお好みに合うか、どうでしょうか!
また全く違う白ブドウですし。
モノバリエタルでは難しい品種のようですし。
パコ・イ・ロラ、また5月に再リリースされると
思いますよ!
アルバリーニョ、是非色々試されてください!
他にもすんばらしいのがたくさんです!

TITLE:
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
> Yuko さん
Albilloの詳しい情報、ありがとうございます。

僕は、ゴデージョ(DO Valdeorras の、Bodegas Godevalのものしか知らないですが)の洋ナシを思わせるテイストが好きなので、Albilloも期待しちゃいます。

まだ日本では、誰も輸入していないですかね(汗)。

TITLE:
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
>やあこぷさん、Albillo、ハーブの香りのほうが、
果実よりも強い印象です。
ご感想、楽しみです!
ワインのリンクにありますように、ワイナリー和泉屋さんが
入れていらっしゃいますよ。
いつもありがとう!

コメントする