MATSU  大注目トロワイン!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

ビエルソと共に新黄金郷として最近注目されている、トロ。

Zamora県の南東に位置するDO。ワイン醸造の歴史は古く、紀元前1世紀から現在の
カンタブリアやアストゥリアスにワインを供給していたほどだそうで、スペインでも最も
古い歴史を持つD.O.のひとつに数えられる。内陸性気候。寒暖の差が激しい。
最低気温は零下11度まで下がり、夏は37度くらいまで達するという厳しい気候。
年間降水量350〜400mmととても少なく、砂と粘土と石灰質の礫岩の土壌。
19世紀末、フィロキセラ被害がヨーロッパ中を吹き荒れた際、スペインで生き延びた
土地のひとつにToroがある。雨がごくわずかしか降らず、砂質の土壌であるおかげで、
フィロキセラも生きられなかったのだ。そのため、Toroには樹齢100年ものの樹が残っ
ている。地ブドウ、ティンタ・デ・トロ(tinta de toro)で造る赤が大半の地域だ。

トロには、凄腕の生産者たちが注目、あのスペイン最高峰「ウニコ」の造り手、ベガ・
シシリアが造るピンティア、J & F リュルトンのエル・アルバール、パーカーポイント
98点を獲得したヌマンシア、マリアノ・ガルシア造るサン・ロマンなどなど、錚々たる
スーパースパニッシュが揃っているが、そうしたワインを含めて、MATSUをブラインドで
比較をした際に、ワイン専門家がベストと評したのが「MATSU」だったそうだ!

MATSU 2007.02

名称 : MATSU 2006
品種 : Tinta de Toro 100%
産地 : DO Toro
生産者 : Vintae

matsu.jpg

「MATSU」

日本語の「待つ、松」から「わびさび」をイメージしてつけた名前だそうで、名前から
して日本人にはとても親しみやすい。
生産者であるビンタエは、ログローニョを拠点に置き、スペインの様々な産地で
高品質ワインを造るグループで、コスパの高いワインを造ることで、国内外で注目
されている。定めた地で、まず畑を購入、どこかのワイナリーを借りるなどしてワイン
を造り、軌道に乗ったら醸造所を造るというやり方で、投資額をワイン価格に乗せる
負担が減り、価格を抑えることができるという。
実際、先述のトロのスーパースパニッシュのワインたちよりも、MATSUは遥かに手頃だ。
エチケットのお祖父さんは、Vintaeが購入した100年以上もの貴重なブドウ樹のある
畑を大切に守ってきた農夫の方だそうで、彼の尽力に感謝・敬意を表して捧げたもの
だそうだ。

スペインでは主に有名レストラン、限られたワインショップに置かれ、リリース前から
話題で、バルセロナでもなかなか手に入らない。レストランで飲んで気に入ったお客
さんが、ワインショップで手に入らずレストランで直接購入するケースが後を絶たない
のだそうだ。

幸運にも、Vintaeの営業担当の方がサンプルを下さり、試飲してみた。
とても美味しい。
抜栓してすぐ最高潮に楽しめて、と同時に長熟のポテンシャルもしっかり持って、
時間を経て更に楽しめる、そんなワイン、なかなかない。そんなMATSU、びっくりした。
100年以上のフィロキセラ以前のブドウ樹からのブドウで造ったテロワールを感じるトロ。
今も10年後も最高潮に美味しいであろうMATSU。

2006が初ビンテージ、生産量22000本。
こんな少量でも、日本で楽しめるのだそうだ!

ワイナリー和泉屋さんが扱われるのだそうだ。
国内でも入手するのが難しく、海外からも引き合いがすごいというのに、すごいなぁ。

ワイン通販サイト、ワイナリー和泉屋は、フランスやイタリアを始め、おいしいワインを販売します

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.vivaspain.es/mt/mt-tb.cgi/267

コメント(5)

TITLE:
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
わぉっ! びっくり!!
MATSU2006じゃ、ありませんか。

yukoさんも飲んだんだぁ。

昨年、ワイン専門家がベストと評したと言う話を聞き、フランセスコ社長に『本当なの?』と聞いたところ、じゃ、スペインに来たら同じことをやってみようと言うことになり、昨年の12月にオーナーの次男リカルドや日本人ネゴシアンのH氏らとブラインドで行いました。

A-エル・アルバール・エクセル  
B-ピンティア  
C-ヌマンシア  
D-マツ  
E-デ・バルドス・スプレーマー F-ペニャ・レハス・レゼルバ  
G-サン・ロマン 
テイスティング後ワインを見ると以上の蒼々たるワインたちでしたが私はMatsuに最高点をつけていました。そして合計点でもMatsuが最高点でした。

本当に素晴らしいワインでした。あとなんと言っても価格が他と比べると本当に安いことも特筆ものです。

僕がラベルのおじいさんのことを質問したら、フランセスコとアチャが『ハルヒコ、それを知ってどうするんだ』と教えてくれなかったのに、yukoさんには教えるんだ。あの二人、むかつく・笑。

じつは先週、フランセスコが来日していて毎日一緒に遊んでいました。今年、ミシュランの三つ星を取った神楽坂・石かわにも行って来ました。

フェナビンでyukoさんに初めてお会いできるとか、楽しみにしていますね。

昨日、ラウル・ペレス一行(7人)様が昨日帰国しました。この2週間はスペイン人三昧でした。

それではフェナビンで。
G.W.明けに"Bodegas Quinta de Muradella"のワインたちも入荷、凄く楽しみです。

TITLE:
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
あっ、Matsu2006ですが、第1回目の入荷分の132本は即日完売となってしまいました。ゴールデンウィーク明けに再入荷しますのでよろしくお願いいたします。

TITLE:
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
>Araiさま、コメント、本当にありがとうございます!そうですか、既に初入荷はされているのですね!即日完売とは素晴らしいです!とてもステキなワイン、ほんとにカリテ・プリなワイン、宣伝せずにはいられません!こうした素晴らしいワインばかりを厳選されて扱われているAraiさま、本当に素晴らしいです!
私も、お会いできるの、とても楽しみにしております。

TITLE:
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
MATSU今飲んでます!
良いですねー♪和泉屋さんで2本ゲットして速攻でまた3本、お正月用で購入しましたよー。
すばらしいパフォーマンスだと思います!

TITLE:
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
>ぐるタムさん、MATSU、素晴らしいですよね!ムッシュの美味しいお肉と共に、最高ですよねぇ。。。昨日は吉岡兄貴に生ハムのお話とか色々聞けて、すごく興味深く、うわぁ、もっと知りたいって思いました!
あっという間に師走ですね。。。お体、お気をつけて!

コメントする