ペネデス チャレッロに賭ける生産者たち

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

*versión español abajo

バルセロナの南西約40キロメートルにあるビラフランカ・デル・ペネデスを中心に広がる産地、ペネデス。
ペネデスはカバの産地として有名だったけど、スティルワインの産地として生産も1970年代に本格化。
スペインでいち早くステンレスタンクや温度調節装置を導入するなどの醸造所の近代化や低温発酵、
酵母の改良、オークの新樽による発酵や熟成、瓶熟成の重視など、技術の革新をほかの産地に
先駆けて行ってきた。
ペネデスは地中海沿岸から700mほどの標高の小高い内陸部までブドウ畑が広がっていて、その標
高差、気候差で、様々な品種栽培に適しており、積極的に外来種も栽培されている。

シャルドネ、ピノ・ノワール、テンプラニーヨ種などの栽培が中心となっている中、最近、新しいワイナリー
が取り組んでいる小さいけれども力強いひとつの動き。

「チャレッロをペネデス白ワインのシンボルに!」。

ワイン専門店Vila Vinitecaが主催した試飲会「ペネデス・チャレロ種の白」。

創業4,5年とまだ新しいワイナリーが5社ほど参加しており、そのチャレッロの白を試飲させていただく。
同じチャレッロでも、ワイナリーによって取り組み方は全く違う。
オーク樽だけでなく、栗の木の樽やアカシアの樽で樽熟したものとをブレンドしたり、チャレッロとチャレッロ・
ロサードという少しピンクがかった皮を持つ白ブドウとをブレンドしたものがあったり、口当たり、味わい
など、様々な形があってとても興味深かった。

そんな中で印象的だったのは、2005年が初ビンテージだったというとても新しいワイナリー、Mas Candí。
若い醸造者たちで、試行錯誤しながら、いいワイン造りを目指している。

20080606034340.jpg

名称 : Mas Candí QX 2006
品種 : Xarel・lo 100%
産地 : D.O. Penedès
生産者 : Mas Candí
http://www.mascandi.com/

QXとはQuatre Xarel・lo (4種のチャレッロ)という意味でアカシア、栗の木、アメリカ・フレンチオークの
4種類の樽でチャレロを発酵・熟成8ヶ月、そのあとブレンドしたものだそうだ。熟成、瓶内熟成も数ヶ月
行っていることから、複雑さが増している。

20080606034348.jpg

「チャレッロはカタルーニャの看板的品種になるべきだ!僕たちはそう信じてワインを造っているんだ」
このワイナリーの醸造家ラモン・ジャネさんの力強いコメントが印象的だった。

チャレッロの単一白は、ちょっと魅力に欠けるところあり。香りはあまり強くなく、味わいは面白い。
アタックより、後味を楽しむ白。喉の奥のほうまで残る酸味が心地よい。
若い時は青リンゴ、酸がすっきり、樽熟すると深い味わいになってもあまりキレイじゃない気がする。
若い人たちが新しい試みをしていることはほんとに嬉しい。
まだ模索中、発展途上。
これからの成長が楽しみだ。

ペネデスでチャレッロが栽培される地域は地中海沿岸部から標高300mの畑まで。チャレッロ種は早い
時期に発芽して、栽培期間が他の品種と比較して長いため、冬の遅霜などで樹がやられてしまうため、
低地が適当なのだそうだ。

カバに使われる品種のひとつ、チャレッロ。D.O.ペネデスの固有品種。
外来品種もいいけど、やっぱり固有品種に回帰すべきだ。リアス・バイシャスといえばアルバリーニョ種、
ルエダといえばベルデホ種、バルデオラスといえばゴデーヨ種とスペインの様々な地域で固有品種で造る
素晴らしい白ワインが生まれてきている。

「ペネデスといえばチャレッロ」といわれるような美味しいワインを造りたい、そんな想いが伝わってきた試飲会だった。


en español

El Penedès es una zona con D.O. situada a unos 40 Km al sudoestel de Barcelona,
en el centro está la población más importante que es VIlafranca
del Penedès.

D.O. Penedès ya era conocida por la elaboración del cava, un vino espumoso
con el mismo método de elaboración del champagne.
A parte de seguir siendo hoy en día el cava su mayor producción, a partir
de los años 70 se elabora cada vez más vino tranquilo de alta calidad y con
personalidad propia.

El Penedès fue pionero en introducir la tecnología moderna en cuanto la
elaboración, como por ejemplo, introducción de depósito de inox
y de reguladora de la temperatura, fermentación en baja temperatura, mejora de
levadura e el uso de las barricas nuevas de roble para la fermentación y la
crianza etc.

Las viñas se extienden desde la costa mediterránea hasta la zona interior
hasta alcanzar unos 700m de altura, estas diferencias geográficas y
climáticas son ideales para cultivar diferentes variedades, incluso las
foráneas. Las variedades principales de la zona para vino tranquilo son
Chardonnay, Pinot Noir y Tempranillo.

Xarel・lo, es una variedad autóctona del Penedès, una de tres que se
utilizan para elaborar Cava. Pero desde hace poco tiempo hay un grupo de
pequeñas bodegas que defienden de forma enérgica que hay que hacer
xarel.lo como símbolo del vino blanco del Penedés. Hoy en día
hay una tendencia de volver a las variedades autóctonas. Albariño en
Rias Baixas, Verdejo en Rueda, Godello en Valdeorras .... hay muchos vinos blancos con
calidad excelente de la variedad autóctona del país.

Por eso acudí a una cata "Blanco de Xarel・lo del Penedès" organizada
por Vila Viniteca.

Participaban 4 o 5 bodegas relativamente jovenes cuyo producto principal es el blanco
de Xarel・lo.
Lo único común que tenían era la utilización de esta
variedad de uva, pero los métodos de elaboración, eran diferentes entre
ellas. Una bodega utilizaba las barricas de castaño y acacia para la crianza aparte
de las de roble, en otra se mezclaba Xarel・lo y Xarel・lo Rosado que tiene el hollejo
ligeramente rosado. Fue muy interesante descubrir las diferentes sensaciones de
paladar y sabor.

La bodega, Mas Candí, una bodega nueva cuya primera añada es 2005.
Los enólogos jovenes estan trabajando con pasión por ensayo y error
para elaborar buen vino de Xarel・lo.

Nombre : Mas Candí QX 2006
Variedad : Xarel・lo 100%
Zona : D.O. Penedès
Productor : Mas Cundí
http://www.mascandi.com/

QX significa "Quatre Xarel・lo". Un blanco de Xarel・lo fermentado y criado en 4
barricas respectivamente, de castaña, acácia, roble francés y
roble americano. Después de criar 8 meses, se hace coupage.
Se cria en la botella por 4 meses, que da complejidad al vino.

"Creemos que Xarel・lo debe convertirse en la variedad simbólica del
Penedès! Estamos haciendo el vino de Xarel・lo con pasión!!"
El comentario enérgico del enólogo de la bodega fue impresionante.

Monovarietal de Xarel・lo está aún en proceso de desarrollo.
Para mi gusto, no es una variedad que me apasione de momento, pero es interesante
y prometedora. No tiene mucha aroma, y más que el ataque se disfruta el
retronasal. La acidez que se queda dentro de la boca después de tomar es
muy agradable. Cuando es joven, tiene nota de manzana verde y tiene acidez muy
limpia, y el con crianza, esos aspectos se integran y tiene gran personalidad.
Para empezar una cosa nueva, siempre se parte de cero, se requiere muchísimo
esfuerzo y largo trabajo para llegar al objetivo. Me encanta ver la gente joven que
desafia a la cosa nueva.

Ensayo y Error. En proceso de desarrollo. Pero muy prometedor.
Tengo muchas ganas de ver cómo irá evolucionando este monovarietal
de Xarel・lo.

La altura máxima permisible para cultivar Xarel・lo en el Penedès es
desde la costa hasta 300m. Xarel・lo es una variedad que germina pronto y el tiempo
de cultivo es más largo que otras variedades, por tanto para evitar el daño
de las vides por las heladas tardías de invierno se cultiva en la zona baja.

La pasión de los productores de la zona de crear buen "Xarel・lo en el
Penedès" me llegó en esta cata.

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.vivaspain.es/mt/mt-tb.cgi/207

コメント(4)

TITLE:
SECRET: 0
PASS: 04710317caeba42c0a0a3ee299afbf53
チャレロ単一のワイン!なかなか珍しいですね。
日本でもたまに目にしますが(カバメーカーのものとか)
あまり印象に残ったものがないので・・・
樽の素材違いで作るなんて、情熱を感じますね。
ぜひ、試してみたいものです。

次回、スペインに行った時にはもっとボデガ巡りしたいなあ。ほんとに、良い環境におられて羨ましいです!!

TITLE:
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
>irdecopasさん
私も確かにチャレロ単一は、好みではないなぁ。「まだ」って感じかな。まだ発展途上のワインだから、これからが楽しみっすね。
いや、スペインにいるとスペインワインは勉強できても他の国のワインが少なすぎます。
かえって日本のほうが、世界中のワインをたくさん楽しめる環境がありますよ。
だから私も羨ましいんですよ、ほんとに。
隣の芝は、ですね(笑)。
コメント、ありがとお!

TITLE:
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
月曜日の試飲会でチャレロ単一飲みました!
が、やはり今ひとつ・・・でも個性はありましたね。
やはり他の品種と混ぜるとその威力を発揮する
ブドウなのかなあと思ったりします。
スティルワインでカタルーニャ系統品種で混ざって
美味しいのも、ありましたもん。

隣の芝生、確かに・・・
フランスワイン主導の業界ですが
最近は日本も頑張っていて。

造り手の熱意を感じるワインと
自分の好みが合致したら本当に感動ですよね!

TITLE:
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
>irdecopasさん
おっ!さすが日本、何でも入ってるなぁ。
スペインワイン、日本市場はまだまだとはいえ、ネット販売を含めるとものすごい種類が
入っていて、本当に驚いています。
最近、幸運なことにシェリーを始めとするスペインワインの日本での定着にご活躍されている明比淑子さんとこちらでお会いすることができました。
シェリー大好きなirdecopasさん、ご存知かもしれませんね。
こういう方のご尽力のおかげでスペインワインがどんどん受け入れられていっているんだなと、ものすごく感動し、同時に私も頑張るぞ!ってパワーがみなぎりました。

コメントする