カリフォルニア ジンファンデルとシャルドネ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

日本行きをはさんで、引き続きカリフォルニアワインを。

妹が1ヶ月ほど前にカリフォルニアに行った際に、持ってきてくれたワインたち。
日本到着初日に、家族との宴会で、すき焼きと共にいただいた。

20080330030351.jpg

名称 : Patz & Hall Napa Valley Chardonnay 2006
品種 : Chardonnay 100%
産地 : アメリカ、カリフォルニア、ナパ・バレー
生産者 : Patz & Hall
http://www.patzhall.com

醸造家パッツとホールによって1988年創業。自ら畑を持たず、単一畑を中心に小ロット、高品質
生産を貫く。彼らは冷涼な気候を持つピソーニ、ハイド、ダトンランチなど、最高級畑からブドウの
供給を受け、シャルドネとピノ・ノワールそれぞれ6種類のみを造る。過度な樽香を嫌い、乾燥
期間の長い特注の高級樽をフランスから取り寄せ、奥行きのある上品な樽香を生み出す。
柑橘系の爽やかさと、ふくよかさもあって、最後に心地よい酸味もしっかり。生卵でまろやかに
なったすき焼きともいい感じで。うん、美味しかったぁ。

20080330030358.jpg

名称 : The Prisoner 2006
品種 : Zinfandel 51%, Cabernet Sauvignon 23%, Syrah 12%, Petit Syrah 6%, Charbono 6%, Renache 2%
産地 : アメリカ、カリフォルニア、ナパ・バレー
生産者 : Orin Swift Cellars
http://www.orinswift.com

とても強いベリー系果実の甘み、まろやかで芳醇、とても濃厚で複雑。
食事とだと料理の味が隠れてしまうほど強い感じで、ワインだけで楽しみたいと思う一本。
これがジンファンデルの独特の甘みと濃厚さなのかと、ジンファンデル初めての一本。
これが2006年という若いビンテージなのかって思えるほどの深さと重厚感はジンファンデルだからか。
「The Prisoner(とらわれの身)」という名だけあって、飲む者を離さない印象を与えるのはうなずける。
ブラッシュワインからポートタイプまで様々なタイプのワインを造り出すこの独特な品種。
軽い赤もあるというから、単一品種ものでも試してみたい。

カリフォルニアワインは、人生でまだ数えるほどしか飲んでいない。そのどれもが価格もクオリティも
高いもので、ワイナリーも国際的に知られているものばかり。既にボルドースタイルの赤のクオリティは
とても高いこと認識させられている。ヨーロッパワインと違い、ほとんど何もなかった所から最新の
科学と技術で生産されているカリフォルニアワイン。伝統にこだわらない自由な発想で多種多様の
ワインを造り続けるカリフォルニア。発見はまだまだこれから。

20080330030415.jpg

旦那や子供は、飛行機が朝着いたばかりで、少しの時差ぼけと初日からやったボーリングの疲労とで、
夜には少し頭が朦朧としていたようだったが、私は日本に着いて家族に会えた嬉しさで元気モリモリ。
目の前に出された日本のご馳走に食欲も飲欲も更にモリモリ。
しみじみ、大切な人たちと飲むお酒は美味しいものだ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.vivaspain.es/mt/mt-tb.cgi/199

コメントする