Abadía Retuerta VdlT Castilla y León

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前回のQuinta Sardoniaに続いて、引き続きVdlT Castilla y Leónの赤。 今日の注目はAbadía Retuerta、Quinta Sardoniaもそうだけど、実はこのワイナリー、DO Ribera del Dueroに含まれておらず、Vino de la Tierra Castilla y Leónに属する。 伝統的に素晴らしい土壌、気候を持ち、長熟の素晴らしい赤を造ってきているRibera del Duero地方、2000年頃から、ビオディナミの認識の高まり、輸出の増加により、ぶどう畑を拡大するワイナリーや、新しいワイナリーが多くでき、新しい動きが生まれてきているのだそうだ。 それによって、DOに指定されていない土地を畑にしたワイナリーも多く、DOに含めてもらうよう申請しても、認可されなかった、ただそれだけなのだそう。原産地呼称制度の規制にこだわらず、自由にワインを造りたい、その思いで敢えてDO認可を望まないワイナリーもいるから、やっぱり飲んでみないとわからない、ワインは。 やはり学ぶはフランスから、またフランス人もワイン造りの新境地を求めてやってくる、気候的にも土壌的にも、ボルドースタイルのワイン産地として適しているということで、フランスから多くの専門家がやってきてワイン造りに加わっている。Quinta Sardoniaのジェロームさんもそうだった。 Abadía Retuertaも例に漏れず、ワイン醸造はシャトー・オーゾンヌの1976年来、品質名声を高めてきた醸造家パスカル・デルベック氏の指導で行われているのだそう。 色 : 赤 名称 : Abadía Retuerta Selección Especial 2005 品種 : Tinto Fino 75%, Cabernet Sauvignon 20%, Merlot 5% 産地 : スペイン VldT Castilla y León 生産者 : Abadía Retuerta http://www.abadia-retuerta.com/  20080126043632.jpg 20080126043638.jpg テンプラニーヨの豊かさ、メルローの丸み、カベルネーの優雅な芳香がブレンドされて、とても上品で深い仕上がりになっている。カシスなどの華やかな香り、タンニンも十分、円く、飲んだ後も長い余韻が楽しめる。素直に素晴らしい!しかもこれが12ユーロほどというから、またびっくり。 このワイン、ロンドンのInternational Wine Challenge 2005で赤ワインの部・スペインワインの部・赤ワインメーカーの部で金賞受賞をしたというから、またまたすごい! 他に同ワイナリーでVino de Pagoに指定されているワインなども試飲したけど、このSelección Especialが一番気に入った。 このワイナリーのポイントを一番上げたのは、対応してくれたお姉さんの存在だった。 終始笑顔で、自分の働くワイナリーを心から愛して、ワインに誇りを持って、その素晴らしさを伝えたい気持ちで溢れていた。どんなことでも人との触れ合いはほんとに大事で。感じの悪い対応をされたら、どんなに美味しいワインも美味しく感じない。そういう主観を入れたらプロではないんだろう。いや、プロじゃないし、しかも敢えてプロじゃない視点でいつもワインを飲みたいなぁ、とも思っちゃったりする。 友達と、お互い病み上がり同士、十分飲んで楽しんで、さっさと帰宅の途についたのでした(笑)。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.vivaspain.es/mt/mt-tb.cgi/48

コメントする