イタリア ITALIAの最近のブログ記事

altoadige.jpg
なんだかアルプスの少女ハイジが出てきそうなスペインでは見たことないような山岳の風景。
そう、ここはイタリア、トレンティーノ = アルト・アディジェ。
南チロルとも呼ばれるアルト・アディジェの風景。

CIMG2619.JPG

バルセロナに 6 年前にスペインで初めてオープンし
たイタリアワイン専門店「Enoteca d'Italia」。
定期的に開催するワイン会に参加した。

テーマは
トレンティーノ = アルト・アディジェ

スイスとオーストリアとの国境に位置するアルプス
山脈に囲まれたイタリア最北端の産地。
ハプスブルク家(オーストリア)との関わりが強く
オーストリア領だったこの地方、最終的にイタリア
に統合されたのは 1918 年。





CIMG2612.JPG

この産地はトレントを中心とする州南部のトレン
ティーノ地区と、ボルツァーノを中心とする南チロ
ルとも呼ばれるアルト・アディジェ地区に分かれて
いる。

北のアルト・アディジェ地区は山地が多く、アルプ
ス的な気候で寒冷地。標高 700 mを超え、1000m
を超えるところもあるという。
標高が高く昼夜の寒暖差は大きくブドウに力強い酸
を与える一方で、畑がある渓谷にはフォーンと呼ば
れる温暖な南風が通り気候がやわらげられ、夏はイ
タリアでも最も高い気温になるほどに日照条件にも
恵まれる。
急斜面の畑に植えられるのは冷涼地に適するリース
リング や ゲヴェルツトラミネール、ピノ・グリ―
ジョ、シャルドネなど。
固有品種も多く南部のトレンティーノではスキアー
ヴァ種から美しいバラのような色の赤ワインが、そしてラグレイン種からも特徴あるワインが造ら
れる。北部のサンタ・マッダレーナ種からの良いワインができる。
それにしても、ゲヴェルツトラミネールもこの土地が原産。アルト・アディジェにある Termeno
(ドイツ語では Traminer)という街があり、ゲヴェルツトラミネールは「テルメーノのアロマ」の
意。これは知らなかった!

tramin.jpg
今回の生産者は、アルト・アディ
ゲヴェルツトラミネールの原産地テ
ルメーノに位置する共同組合。
1898 年に創業、280 もの加盟員が
おり、230 ha の畑を管理。
畑はテルメーノ周辺の標高 250 〜
700 m の間に点在。

醸造責任者のヴィリー・シュテルツ
氏は 2004 年に「ガンベロ・ロッソ」
で年間最優秀醸造家賞を受賞するほ
どの人物。様々なこだわりで、100 万本という大規模生産者だけど、スタンダード・
キュヴェから上級キュヴェまで高い品質を保つ。

CIMG2610.JPG

標高 400 mの比較的温暖な渓谷に点在する畑。
砂・泥土・粘土の混じり合う土壌。
ステンレスタンクで発酵。

熟れた梨、ライチ、みかん、少しトロピカルな
ニュアンスも。それに白い花の豊かな香り。
この組み合わせ、ピノグリでフローラルさがこ
だけ出るのは標高の高さから、と講師でソムリ
のシャビさん。オイリーな口当たり(澱と一緒に
少し寝かせた印象)に、柑橘系のがしっかりあ
る。心地よい苦味もあって、長めの余韻が楽しめ
る。時間が経って温度が少し上がったら更にフ
ローラルさが出てきた。
シャビさんは暑さは全く感じない、と言っていた
けど、私はわずかに感じた。また土壌から来るの
かな、ある程度の重みもある。

ヴェネトなど他産地のピノ・グリ―ジョはこれほどフローラルさがなく、よりスモーキーで
ドライ。
スペインではピノ・グリス、ほとんどない。
ピノというくらいだから冷涼地の品種。
スペインの最北端とイタリアの最北端は全然緯度が異なる。

CIMG2608.JPG

標高 300 ~ 450 m の斜面の畑。石灰質を含む
砂・泥土・粘土の混じり合う比較的肥沃な土壌。

軽くプレスして発酵しただけの白でこの濃く輝く
黄金色!みずみずしいバラの花びらの香りが感動
するほど豊かでこれぞ冷涼地のゲヴェルツ、と感
じさせてくれる。さっきのピノグリの存在感が薄
くなってしまうくらいのボディ、厚み、甘み、苦
み、余韻の長さががある。
ドライな味わいで酸がしっかり感じられる。

ゲヴェルツトラミネール種がその良さを発揮する
のは冷涼さがどうしても必要なのだ。
スペインでゲヴェルツ白を造る産地といえばソモ
ンターノ。ラウスボデガス・ピリネオス、
エナーテビニャス・デル・ベロなどがゲヴェルツ
トラミネール 100 % でなかなか良いワインが造
られているが、バラの芳しい香りや酸が抜ける感
じはトラミンのそれより欠ける。
ただ、食事と一緒に楽しむ、という観点からすると、トラミンのゲヴェルツは 2 杯目が
キツくなり、料理とも合わせにくい。ソモンターノのゲヴェルツの方が料理と合わせ
やすく気軽にグラスが進む。標高の高い所では 700 m ほどでゲヴェルツを栽培して
おり、バランスの良い酸とフレッシュ感は伴っている。

CIMG2616.JPG

標高 350 ~ 450 m の丘陵地、白亜質の地層、砂利
を多く含む砂・泥土・粘土の混じり合った土壌。
一部を大樽、小樽、ステンレスタンクで発酵・熟成。

非常に淡いロゼのようなチェリーレッド。
イチゴ、ラクトース、若々しさのある香り、時間が
経ったらリコリスなどの繊細な樽のニュアンスが出
てきた。酸がしっかりあり非常にフレッシュ。
苦みはほとんどないけど非常に繊細な余韻の長さが
ある。標高の高さ、寒冷地からブルゴーニュのムル
ソーなどのものよりもっと淡い色調で繊細さを持っ
ている印象。ピノ・ノワールとはどういう品種かが
すごくよくわかる。
ピノはイタリアで北部のわずかな産地で栽培され
アルト・アディジェには樹齢 100 年を超す畑もあ
るそうだ。
スペインでもピノは非常に難しく、良いものは非
常にわずかだけど、例えばグラナダの 1300 m 級の高標高で造るバランコ・オスクーロピレ
ネ―山脈 1000 m の地でラウル・ボベ氏が造る アクスプ などがあげられる。
スタイルはアルト・アディジェとは全く異なり、冷涼さと共にスペインらしいブラックベリーの
果実味に酸とエレガンスがあるスタイル。
あのラウス・ぺレス氏もピノで赤を造っているらしい。飲んでみたいなぁ♪

スペイン固有品種で赤果実系で酸がきれいでエレガントさのあるポテンシャルのある品種は
コンカ・デ・バルベラのトレパット、ペネデス地区のスモイ、ガリシアのメレンサオ、
カイーニョなどだろうか。

CIMG2604.JPG


ボルツァーノの固有品種。
マロラクティック発酵・熟成を一部樽、一部をコン
クリートタンクで。

スミレのようなフローラルさ、赤果実、革・動物な
ど小樽のニュアンスも。
濃いめの色調だけど、味わいはボディや重さがそれ
ほどない。タンニンも非常に滑らか。








とても面白かった。
アルト・アディジェのワインはイタリア国内でもスタイルが非常に異なり、ほとんどが
地元で消費されるのだそう。他の産地のワインはスペイン同様もっとタンニンがあって
太陽が感じられるスタイル。

でも決定的に違うのは地形。イタリアは細長く、海に囲まれていて海に近いエリアが
圧倒的に多い。自然と海の幸を使う料理、それに合うスタイルのワインも多くなる。
変わってスペインは内陸を占める面積が大きく、自然と肉料理、重めの料理、タンニンが
強いがっしりした赤が好まれる。
同じ南欧で緯度も似ていて、共通点が多い印象を受けるが、実は色んな点が異なる
イタリアとスペイン。
最近イタリアワインに関して貴重な出会いをいただき、そんな認識を新たにした。

CIMG2618.JPG

オーナーのイタリア人レオナルドさ
ん(左)と講師のソムリエシャビさ
ん(右)。
イタリアワインに興味を持つ人は非
常に限られるスペインで啓蒙活動を
頑張ってる!拍手!

視野を広く持って比較する、考え
る、感じる。
とっても大事なことだと思う。
それがワインの楽しさでもあるの
だから。






toscana.jpg

2年前に友達夫婦と行ったトスカーナ。まだ鮮明に思い出す、フィレンツェからシエナへの道、
DOCG キャンティとDOCG キャンティ・クラシコの真っ只中をうねる国道。なだらかな丘が
連なるように、その斜面一帯に広がるブドウ畑。
透き通るような青空、気持ちの良い秋晴れ!

フィレンツェのエノテカで買ったグイダルベルト。あのスーパー・トスカーナの先駆けとなった
「Sassicaia サッシカイア」と同じワイナリー、テヌータ・サン・グイド。
サッシカイアほどではなくても、50数ユーロという、お値段がお値段だけに、店員さんに薦め
られるも、どうしようか、店内を右往左往しながら悩んで遂に思い切った一本。
結婚記念と誕生日が1日違いで重なるこの月に遂に開けることに!おぉぉぉ。。。

テヌータ・サン・グイドは、ティレニア海に面したトスカーナ州マレマンマ地方のボルゲリ地区に
位置する。貴族のマリオ・インチーザ・デッラ・ロケッタ侯爵が、ボルドーワインが好きだからと
いう理由で、以前は湿地帯でワイン産地としては全く無名だったボルゲリ地区に、1944年、
ボルドー品種を植えた。その後「サッシカイア」の原型となる自家用ワインを造ったが、そのワ
インが素晴らしかったため、いとこのピエロ・アンティノリ侯爵が販売を開始。そしてピエロが
紹介した醸造家のジャコモ・タキスの助言のもとに世に出たサッシカイアは、たちまちイタリア
で最も有名なワインとなり、外来品種、樽熟成という奇抜なやり方によりスーパータスカンブー
ムを巻き起こす。それが1970年代。現在は、マリオの息子、ニコロ・インチーザ・デッラ・ロケッ
タ侯爵が当主として運営している。

グイダルベルトはサッシカイヤの畑に隣接する畑からのブドウで造られる。当主が「サッシカイ
アの個性をそのままに、もっと早くから楽しめるワインを」との目的で、メルローの比率を高くし
て生産を始めたのだそうだ。2000年ビンテージから造られ始めたこのワインは、イタリア国内
マーケットをターゲットとしているため、日本ではまだ見かけることが少ないワインだそうだ。
ステンレススチールの槽で発酵、フレンチオークとアメリカオークの樽(1/3新樽)で14ヶ月熟成。

DSC_0011.jpg

名称 : Guidalberto 2003
品種 : Cabernet Sauvignon 45%, Merlot 45%, Sangiovese 10%
産地 : DOC Bolgheri Sassicaia (Toscana)
生産者 : Tenuta San Guido

果実味の凝縮感が特徴的。フルボディでも、タンニン程よく、エレガント
最初は閉じていた香りも、カシス、キノコ、トースト香、複雑な香りが出てきた。
タンニンが豊富、既に柔らかさとフィネスを備え。樽香が素晴らしい。バランスが取れている。
ミネラルがすごい。凝縮感があって、とても軽やかに飲める。
ステキだ。サンジョベーゼは10%だけなのにも関わらず、熟したトマトのようなこの品種の
味わいが出ていて、イタリアらしさをきちんと感じられるボルドースタイル。
2003年は150年間で最も暑い夏だったという。トスカーナでは、ブドウが過熟してしまったが、
ボルゲリは海の近くで地中海性気候のため、大丈夫だったのだそうだ。
まだまだ長熟したい一本。

母がお祝いの電話をくれて、いつもはお金がもったいないから、とすぐ電話を切ろうとする母が、
この日は珍しく話したがっている感じで。たわいもないことだけど、家族のことや親戚のことや。
電話越しでもそこに流れる感覚がなんだか嬉しかった。色んな人からお祝いの言葉をいただ
いて、とても幸せに感じた一日だった。

ちょっとしたことでも、何かのきっかけや、思い切りがないとできないことってたくさんある訳で。

6月中旬、週末2日だけのベルギーへの旅が実現したのは、友達とご縁と思い切りのおかげ。
友達の仕事の上司の方が欧州駐在を終え、帰任されることに。私もこちらで何度かお世話になり、とても良くしていただいて、帰任される前に、友達とお住まいのブリュッセルまで会いにいくことに。
私の中で、ベルギーは行ってみたい国の最優先には入ってなかったけど、ところがどうだ、行ってみて
すごく気に入った!
中世の面影を感じられる建物が街中を飾る。石畳を歩き回ると、中世の時代に迷い込んだよう。

P1020759.jpg

中央広場。ここまで中世の建物が綺麗に残っていて、それらに囲まれている広場もなかなかない。

P1020629.jpg

こんな何気ないカフェのテラスも色合いなどセンスが抜群。

P1020769.jpg

有名な小便小僧。こんなに小さいとは!記念日か何かでお洋服を着ていた。

そして、ベルギーは何気に知られていないけど、実は美食の国。
代表的なのはムール貝にフリッツ(ポテトフライ)、チョコレート、ワッフルなどだけど、隣国のフランスや
ドイツなどの料理のいいところを上手く取り入れて、食を楽しんでいるのだそうだ。どんなレストランに
行ってもハズレはない。ランチメニューも安くて驚くほど美味しいものが多いのだとか。
私たちは、今回は2日ぽっきりという旅だったので、レストランよりも、色んなものをたくさん食べれるよう
に、スペインのタパスのように一品料理で少量で食べられるバーでベルギーを楽しんだ。というより、
色々飲みたかった、ってのもある(笑)。
どれもとても美味しかった!

3年近くブリュッセルに駐在されていた上司の方、全く関係のない私まで何度もお世話になった。
日本の大企業の役員レベルなのに、そんな素振りは全く見せず、私たちと同じ背丈で気さくに話して
くれて、とても懐の深い方。その方が行きつけだったイタリア料理レストランで最後の晩餐。
アンティパストと、とても美味しい生パスタ、楽しいひと時と、そして

イタリアワイン

P1020783.jpg

名称 : Felline 2005 Primitivo di Manduria
品種 : Primitivo di Manduria 100%
産地 : D.O. Puglia
生産者 : Felline

プーリア州のリーダー的ワイナリー、フェッリーネ。大量生産の安ワインのイメージがあるプーリア。
でも、このワイナリーはポテンシャルの高いワインができることを証明している。卓越した土壌、ほぼ完全な
気候、少ない収穫量、近代的な醸造技術のおかげで評価が高まっている。樹齢40〜90年のプリミティー
ヴォの忘れ去られた畑を復活させ、品質重視のワイン造りをしている。
心地よい熟果実とタンニンがすごく感じられて、素晴らしい赤。何よりそのバランスの良さに感動。
レストランでは30ユーロちょっととびっくりな価格だけど、お店で買えば10ユーロ弱だそうで、すごくいいコスパだと思う。

P1020782.jpg

気さくなイタリア人のウェイターさん

P1020786.jpg

名称 : Santagostino Baglio Soria 2005
品種 : Nero d’Avora 50%, Syrah 50%
産地 : D.O. Sicilia
生産者 : Firriato

シチリア西部のトラーパニに程近いパチェコに1985年から醸造所を構えるフィリアート社。
シチリア固有のブドウ品種のポテンシャルを十分に引き出すシチリアの土地にあった国際品種の活用、適性価格に基づいたマーケティング戦略、こうした企業哲学のもと、オーストラリアのワインメーキングテクニックを導入するなど、1994年に大きな転機を迎える。その後、醸造技術・ワインの品種向上は目覚しく、世界各国に輸出されるようになった。世界各国で高い評価を受け、今最も注目されるシチリアのワイナリーのひとつ。
シラーが入ることでNero d’Avoraに爽やかさを与えている。重すぎず、コクがすごくある。バランスの面では一本目のほうが良かったけど、これも同価格レベル、クオリティ高いと思う。

またこうやって、思い出深いひと時を思い出すことのできるワインが増えた。

この10月に妹とベネチアを観光した時に出会ったアマローネ。 ヴァルポリチェッラの中でも最良のブドウを陰干しして糖度を高め、それを辛口に仕上げたのがアマローネ。北イタリアではバローロと、バルバレスコと並ぶ長熟ワインの一つ。 20080107071447.jpg かの有名なワイナリーBertaniのAmarone。 ベルターニ兄弟によって1857年ヴェローナ初のワイナリーとして設立されて以来、高品質ワインを造り続けるベルターニ社の伝統の代表格であるアマローネ。本場イタリアで是非とも頂いてみたかった! DSC02949.jpg 色 : 赤 名称 : Amarone della Valpolicella Valpantena 2003 品種 : コルヴィーナ・ヴェロネーゼ、モリナーラ、ロンディネッラ 産地 : イタリア ヴェネト D.O.C. Amarone de la Valpantena Clasicco 生産者 : Bertani www.bertani.net 黒に近いとても濃い赤で、蒸し返すような湿っぽさ、スモーキーさを感じつつ、心地よいホロ苦さもあって、とてもパワフル、深い味わい。14.5%という高いアルコール度だけど、あまりそれを感じず飲み易い。素晴らしい余韻。 baritaliano.jpg また飲んだ場所がステキだった。。 姉妹二人で一番気に入ったバルだった。
10月中旬にイタリアはベニスを妹と訪れた。 スペインに住んで以来、姉妹水入らずなんて、とっても久しぶりだったし、とても楽しみにしていた。 ベニスはワイン産地でいえばVenetoに当たるけれども、その北東にあり、オーストリアと ユーゴスラビアと隣接する地域、Friuli-Venezia-Giuliaはイタリアでも最高レベルの白を産する 地域で有名で、ベニスで味わえるワインもとても楽しみにしていた。 3泊と短い間だったけれども、ベニスを歩き回って、その物価の高さに改めて驚きながらも、 やっぱりステキな街だと認識。口を開けてぼーーっと見ていたくなるような、かっこいい イタリア人男性もぞろぞろ。まぁ参りました。 それに加えて、というか(笑)それはもとより、イタリアワインもやっぱり美味しかった! ベニス到着の夜、妹と合流、時間も遅く宿の近くで軽く食べようということで、偶然通りかかった Vino vino, ヴェネツィア料理やスナックと共に350種以上のワインをグラスでも楽しめる ワインバル・レストラン。 有名なワインバーであるだけあって、雰囲気もとっても良く、ワインもパスタも楽しめた。 vinovinologo.gif 到着一日目、妹とのベニスでの再会を祝し乾杯。 やっぱりイタリア人、オリエンタル女性二人を見逃すはずもなく、若いウェイターの男の子が しつこく誘う(笑)。 軽くあしらいながら、頂いた白の二杯目。 色 : 白 名称 : Ribolla Rialla 2006 品種 : Ribolla Gialla 100% 産地 : イタリア D.O. Friuli-Venezia-Giulia 生産者 : Azienda Agricola Rodaro DSC02699.jpg DSC02694.jpg Friuliの固有品種であるRibolla Gialla(知らない品種ばかりで、イタリアワインは とっても楽しい!)、黄色がかった薄い藁色に、柑橘系、熟れたカリンなどの香りに、その フルーティな甘みととみにしっかりとした酸みも感じられて、気持ち良く飲めた。 一杯目にPinot Grigioを飲み、それが私の好み的には甘すぎて、まったりしすぎたため、 余計この二杯目は引き立った。 イタリア国内に1000種以上あるといわれる固有品種。それが外来種にとって替わった時期から 抜け出し、最近は土着品種への回帰、本当のクオリティイタリアワインを造る動きが 増している。 バロッロ、キャンティだけじゃないイタリアン。 熟成に耐えうる力強く個性豊かな白を多く産出するFriuli、もっともっと知りたい! ベニスでのワイン享楽の続きはまた今度ー♪
今日、日曜日は、旦那の両親の家にお昼を食べに行った。 子供と私の誕生日のお祝いを兼ねてで、義母のいつもの美味しい料理に手作りケーキ。 ほんとに嬉しいひと時。いつも本当の娘のように可愛がってくれる義両親。 彼らがいるからこっちにいても寂しくない。改めて感謝を感じる瞬間。 その手作りケーキと一緒に今日はイタリアの甘口デザートワインを。 去年、友達夫妻とトスカーナの旅をしたときに購入したもの。 色 : 甘口ワイン 名称 : Vin Santo 2003 品種 : Trebbiano 100% 産地 : イタリア トスカーナ 生産者 : Tenuta Parentini http://www.tenutaparentini.it/ vinsantoparentini.jpg 20071022032027.jpg Vin SantoとはTrebbianoやMalvasia種から造る、トスカーナの伝統的な甘口デザートワインのこと。 ブドウを9月から1月まで陰干しし、それから破砕、圧搾後、樽で発酵され、数年間熟成される。 典型的な楽しみ方は、あまり冷たくせず、18℃くらいで、これまたトスカーナの代表的なお菓子、 Cantucciと共にいただく。Cantucciとはアーモンドなどが入った歯ごたえのあるクッキーで、 Cantucciをヴィン・サントに浸して食べるのだそうだ。 Vin_Santo.jpg 義母が作ってくれたケーキは、ちょうどビスコッチョ(スペインのカステラ、というか、 カステラのルーツ?!)がベースでCantucciの味と似ていて、これまたVin Santoと一緒に とても美味しくいただいた。 甘口ワインは、あまり好んで飲まないけど、今回のVin Santoは甘すぎず、とてもすっきりしていて すごく美味しく飲めた。またはまっちゃいますねぇ。。 いい日曜日だった。
この連休に、日本に住む妹とベニスで待ち合わせ。久しぶりに会う妹とベニスで本当に 思い出に残る滞在になった。 ワインに関しても、ベニスのあるベネト、オーストリアやユーゴスラビアに隣接するフリウリ、 スイスに隣接するトレンティーノ-アルト・アディジ、と、これまた素晴らしいワインを造る ことで有名な地域で、その意味でもベニスはとても楽しみだった。 そのベニスで購入したワインの一本。 イタリアで最も高品質の白を造るという言われるフリウリの白を試してみたく、エノテカで 薦めてもらったもの。 色 : 白 名称 : Lis Neris Pinot Grigio 2006 品種 : Pinot Grigio 100% 産地 : イタリア I.G.T. フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア 生産者 : Lis Neris http://www.lisneris.it/ 20071019015948.jpg はっきり、、気に入った。美味しい。個性ばっちり。 とても濃い藁色で、パイナップルやハチミツ、花などとにかく豊かなエキゾチックな香り。 今まで飲んだPinot Grigio種の白ははっきりいって、重厚感と甘すぎなだけの感があって、 そこまで好きになれていなかったのだけど、これはピノ・グリッジオ独特の重厚感、甘みと 同時に素晴らしい酸味もきいていて、バランスがとても良く、本当に心地よく飲めた。 フレッシュさも失わないお薦め白。13ユーロ程と、お手頃。 ちょうど結婚2周年ということもあり、旦那といただいた。簡単に一本空いてしまった。。 こうやって健康で美味しいワインをいただきながら、結婚記念を毎年お祝いしていきたいなぁ。